トップ > イベント・広報 > 聖火リレー > オリンピック聖火ランナー特集 > オリンピック聖火ランナー紹介 > オリンピック聖火ランナー紹介42川上新一さん

ここから本文です。

更新日:2020年11月13日

埼玉県の聖火ランナー紹介

スポーツボランティアで生まれた地域の絆に感謝!

【 行田市 】 川上 新一(かわかみしんいち) さん

topimg42.jpg

 

行田市バスケットボール協会名誉会長で、行田市体育協会の副理事長も務める川上新一さん。長年スポーツボランティア活動に従事し、埼玉県シラコバト賞、埼玉県スポーツ功労賞を受賞されました。多くの市民の皆さんに支えられた感謝の気持ちを込めて、聖火リレーを走りたいと語ります。

 

―スポーツボランティアを始めたきっかけは?

私は元々熊谷市に住んでいて、35年程前に行田市に移り住みました。右も左もわからない頃、小中学生へバスケットボールの指導をすることが、地域の方々とコミュニケーションを図るきっかけとなりました。バスケットボール指導のボランティアとして30年間、地域のクラブチームや中学校の部活動で指導しました。その後、行田市体育協会の役員となり、行田市鉄剣マラソンや市民体育祭にも関わるようになりました。

 

行田市はスポーツが盛んですね。

バスケットボールでは、市内に男女別で40〜50チームが存在します。小中学校だけでなく、一般の部のチームも多くあります。また、市民体育祭は地区対抗で開催され、ものすごく熱く盛り上がります。私にとって、この市民体育祭や行田市鉄剣マラソンが、バスケットボール協会以外で市民の皆さんと直接関わるきっかけとなりました。今ではどこに行っても「川上さん!」と声をかけられます。とてもありがたいことです。

 

スポーツボランティアのやりがいはどこにありますか?

体育祭などのイベントは皆さんの協力無くしては成り立ちません。皆で協力して大会やイベントを上手く運営して無事に終えることができた時には、大きな達成感があります。また、小中学生を指導する中で嬉しいことは、彼等が成長する様子を見られることです。小中学校卒業後も彼等がバスケットボールを続けている姿を見た時は、とても嬉しかったです。

  middleimg42-2.jpg middleimg42-1.jpg

 

東京2020オリンピックで楽しみにしている競技はありますか?

やはりバスケットボールに注目しています。なんと言ってもさいたまスーパーアリーナでの開催。日本代表にはホームコートで予選を突破して決勝に進んでほしいです。特に八村塁選手に期待しています。他にも競泳や、柔道にも注目しています。特に柔道は豪快な投げ技を観ることが好きです。日本代表の活躍、楽しみにしています。

 

聖火ランナーに選ばれた時は、どんな気持ちでしたか?

バスケットボール協会や体育協会での活動を通じて、今までたくさんの市民の皆さんに支えられてきました。聖火ランナーへ応募した理由は、その感謝の気持ちを伝えたいという思いからです。まさか本当に自分が聖火ランナーに選ばれるとは思っていませんでしたが、皆さん本当に喜んでくれて「行田市を走るなら応援に行くよ」と言ってくれました。コロナ禍の自粛期間中に体重が15kg増えてしまったので、聖火リレー本番までに戻したい。今は毎日1時間のランニングを日課にしています。

 

最後に聖火ランナーとしての意気込みをお願いします!

行田市は歴史ある城下町で、さらに近年は映画『のぼうの城』やドラマ『陸王』『下町ロケット』などたくさんの撮影が行われています。私もエキストラとして参加しました。また、観光地としても、忍城、さきたま古墳群、古代蓮の里などたくさんの見所があります。文化庁の定める日本遺産「足袋蔵のまち行田」としても認定されています。私は行田市民となって35年になりますが、そのような行田市を誇りに思っています。行田市を代表して、今までお世話になった行田市民の皆様の前で走れることを楽しみにしています。  

 川上 新一さんのおすすめはこちら

 42-28g2.jpg

忍城

次のランナーをチェック

profile38.jpg
profile39.jpg
profile40R.jpg
profile41R.jpg
profile42R.jpg
profile43R.jpg

鈴木 楓人さん

酒井 園実 さん

 大谷 貴子 さん

  由利 貞男 さん

川上 新一 さん

多田 優樹 さん

 

 

 

 

 

 

 

「埼玉県の聖火ランナー紹介」TOPへ戻る 

「埼玉県の聖火ランナー おすすめスポット・グルメ」へ 

「埼玉で開催!東京2020聖火リレー応援キャンペーン」へ