トップ > イベント・広報 > 東京2020大会を応援 > 東京2020大会に出場する選手からメッセージ

ここから本文です。

更新日:2021年8月17日

東京2020大会に向けた選手からのメッセージ

東京2020オリンピック・パラリンピックに出場する選手から寄せられたメッセージを紹介します。

 

オリンピック選手

酒井夏海選手/競泳 4×100mリレー

髙橋航太郎選手/競泳 4×200mリレー

橋岡優輝選手/陸上競技 走幅跳・長谷川唯選手/サッカー

鈴木碧斗選手
陸上競技 4×400mリレー

鈴木碧斗選手(陸上競技 4×400mリレー)

この度、4×400mリレーで東京オリンピックの代表として内定を頂きました。未だにオリンピックに自分が出ると言う実感が湧きませんが、ベストの状態で臨めるように準備していこうと思います。今年のオリンピックは自国開催ということでより一層思い入れが強いです。リレーと言えば4×100mリレーが注目されていますが、今回のオリンピックは4×400mリレーの存在感を表現するチャンスだとも思っています。必ず決勝に残って日本チームに貢献できるような走りをしたいです。

岡田久美子選手
陸上競技 20㎞競歩

岡田久美子選手(陸上競技 20キロメートル競歩)

東京オリンピックで活躍することを目標に、今まで練習を積んでまいりました。コロナ禍で開催して頂けることに感謝し、メダル獲得を目指して全力を尽くします。そして笑顔でゴールテープを切りたいと思います。

梶原悠未選手
自転車競技 トラック-オムニアム・トラック-マディソン

梶原悠未選手(自転車競技 トラック オムニアム/マディソン) 

いつもあたたかいご声援をいただき、ありがとうございます。皆さまの応援が力になり、勝利へのパワーになります。小さい頃からの夢の舞台であるオリンピックが目前に迫り、今はとても楽しみです。本番当日も自分を信じ、金メダルを目指して全力で戦います。変わらぬご声援よろしくお願いします。

岩元勝平選手
近代五種 個人

岩元勝平選手(近代五種 個人)

日頃から沢山の応援ありがとうございます。このような状況の中、世界が一つになれるオリンピックが開催されることは大変嬉しく思います。前回のオリンピックでの経験を活かし、メダル獲得に向けて努力精進します。沢山のご声援を宜しくお願いします。

乙黒圭祐選手
レスリング フリースタイル74㎏級

乙黒圭祐選手(レスリング フリースタイル74キロ級)

小さい頃から憧れていた東京2020オリンピックが始まりました。本番に向けてしっかりと準備をしています。心身ともにもっと鍛えあげ、100%で迎えられるようにします

 

パラリンピック選手

金子和也選手
ゴールボール

山﨑晃裕選手
陸上競技 やり投(上肢障害F46)

山﨑晃裕選手

目標はパラやり投世界一。しかし、そこで終わらずに同じ境遇、障害のある子供たちに夢や希望を与えたい。また求められるアスリートにもなりたいです。
アスリートの価値は「人の心を動かすこと」にあると思っています。自分にはその可能性がある。そう信じて挑戦し続けます。

やり投の競技は一瞬で終わってしまうのですが、その背景には何年もかけて作り上げてきたものがあります。ぜひそうしたことを感じ取ってもらえたら。そして見てくれる人が「自分も頑張ろう!」と思ってもらえたらうれしいです。

村岡桃佳選手
陸上競技 100m(車いすT54)

村岡桃佳選手

私は陸上を始めてからパラ出場の内定までの期間が短かったので「本当にできるのか」と不安もあります。ただ、この2年半、本気で陸上に取り組んできました。コロナの厳しい状況はありますが、私自身スポーツに対して真摯に向き合って挑戦しています。その姿を知ってもらって、パラの舞台でかっこいい姿を見せたい。そのために、今できることを、精いっぱい努力し、日々トレーニングしています。
自分の夢は「二刀流を全うする」こと。夏の東京、そして冬の北京。その先は、終わってから(笑)。今は「駆け抜ける!」ことです。

地元の深谷市、そして埼玉県。何もないですが、そんなところも含めてすごく好きです!これまでも皆さんからいっぱい応援いただいて、うれしく思っています。埼玉の皆さんにパラスポーツを知ってもらい、応援していただけたら、私の力になります。ぜひ、パラスポーツを見てください!