トップ > キャンプ誘致・ホストタウン > ホストタウンの取組

ここから本文です。

更新日:2019年6月28日

ホストタウンの取組

「ホストタウン」とは、東京2020大会に向けて、地域の活性化や観光振興などの観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を国が登録する制度です。

事前トレーニングキャンプで来日した選手や大会に出場した選手との交流、パラリンピックを契機とした共生社会の実現などに取り組む団体が登録されます。

 ここでは、埼玉県内でホストタウンとして登録された自治体と、その取組について紹介します。list1

map

埼玉県内のホストタウン登録自治体

※2019年(令和元年)6月28日現在の情報です。

※登録時期が新しい順に掲載しています。

交流相手国

ホストタウン登録自治体

コロンビア

秩父市

コロンビア 草加市
タイ 川越市

オーストラリア

埼玉県・上尾市・伊奈町

トルコ 本庄市
セルビア 富士見市
ベナン 幸手市
オランダ 三芳町
イタリア 埼玉県・所沢市

コロンビア

埼玉県・加須市

ミャンマー

鶴ヶ島市

オランダ

さいたま市

ブラジル

埼玉県・新座市

ギリシャ

三郷市

ブータン

寄居町

ホストタウン登録自治体の取組

関連リンク