トップ > キャンプ誘致・ホストタウン > ホストタウンの取組 > ブラジル陸上リレーチームが事前合宿を行いました

ここから本文です。

更新日:2019年6月5日

ブラジル陸上リレーチームが事前合宿を行いました

 2019年(令和元年)5月1日(水曜日)から9日(木曜日)まで、ブラジル陸上リレーチーム16名が立教学院新座キャンパスで事前合宿を実施しました。

「IAAF世界リレー2019横浜大会」ブラジルチーム大会結果

新座市での事前合宿を終えたブラジル陸上リレーチームは、5月11日(土曜日)と12日(日曜日)に開催された「IAAF世界リレー2019横浜大会」に出場しました。

男子4×100mリレーでは、アメリカ、ジャマイカなど世界屈指の強豪国をおさえ、ブラジルが見事、優勝!

大会前、カルロス・カヴァリュイロ総監督は、「事前合宿の施設、設備のすべてが大変素晴らしい。選手たちはリラックスした状態で、笑顔あふれる合宿になった」と語っていましたが、まさにその成果を存分に発揮し、応援する市民の期待に応えてくれました。

本当にParabéns!(ポルトガル語で「おめでとう!」)

優勝後国旗を掲げるリレー男子チーム ブラジル男子リレー優勝

▷男子4×100mメンバー

パウロ・アンドレ・カミロ・デ・オリヴェイラ選手/デリク・デ・ソウサ・シルバ選手

ジョルジ・エンリケ・ダ・コスタ・ヴィジス選手/ロドリゴ・ぺレイラ・ド・ナシメント選手

新座市総合運動公園で子供たちと交流

2019年(令和元年)5月1日(水曜日)、ブラジル陸上リレーチームは新座市総合運動公園で開催された陸上交流会に参加しました。

新座市陸上競技連盟の子供たちはブラジル国旗を振って選手たちをお出迎え。ウォーミングアップでトラックを走る選手たちは子供たちの大きな声援に笑顔で応えていました。

ブラジルチームを歓迎する子供たち 手を振るブラジルチーム

交流では、子供たちが選手とかけっこ競争。選手に勝った子供たちには、ブラジルオリンピック委員会のマスコット「ジンガ」のシールがプレゼントされました。

徒競走をするブラジルチーム シールを送る選手

交流会終了後は、子供たちが選手の周りに集まり、練習着にサインをしてもらったり、選手やブラジルから駆け付けたジンガと一緒に写真撮影をするなど、最後まで和気あいあいとした雰囲気に包まれました。

子供のシャツにサインする様子 子供たちと記念撮影

事前合宿の概要

期間

2019年(令和元年)5月1日(水曜日)から5月9日(木曜日)までの9日間

目的

2019年(令和元年)5月11日(土曜日)、12日(日曜日)に開催された「IAAF世界リレー2019横浜大会」に向けたコンディション調整のため

参加者

  • アナ・カロリーナ・デ・ヘスス・アセべド
  • アンドレッサ・モレイラ・フィデリス
  • クリスチアーニ・ドス・サントス・シルバ
  • ティファニー・ベアトリス・ドミンゴス・シルバ・ド・ナシメント・マリーニョ
  • フランシエラ・ダス・グラッサス・クラズッキ・ダビデ
  • アレクサンドラ・ルッソ
  • ヒューゴ・バルドゥイノ・デ・ソウザ
  • デリク・デ・ソウサ・シルバ
  • ジョルジ・エンリケ・ダ・コスタ・ヴィジス
  • ゲイサ・アパレシーダ・ムニーズ・コウチ―ニョ
  • ロレーヌ・バルボーサ・マルチンス
  • ルーカス・ダ・シルバ・カルヴァーリョ
  • ロドリゴ・ぺレイラ・ド・ナシメント
  • パウロ・アンドレ・カミロ・デ・オリヴェイラ
  • ヴィトール・ヒューゴ・シルバ・モウラン・ドス・サントス
  • ヴィトリア・クリスティーナ・シルバ・ロサ

 ブラジルチーム陸上教室集合写真

練習拠点

立教学院新座キャンパス

新座市総合運動公園陸上競技場