農ある暮らし体験ツアー「北本で、埼玉1年生になる。」を開催しました

ここから本文です。

イベントレポート

農ある暮らし体験ツアー「北本で、埼玉1年生になる。」を開催しました

日時 2019年1月19日10時00分

場所 埼玉県北本市 野外活動センターほか

mokujiki_tamago

埼玉県北本市周辺の「農ある暮らし」を紹介するツアー「北本で、埼玉1年生になる。」を1月19日(土曜日)に開催しました。

「北本ってどこ?」「1年生ってなに?」…といろいろと不思議に思う方、多いかもしれません。
埼玉県自体も印象薄いのに、何をやるんだろう?…なんて寂しいことを言わないでください。北本市は、埼玉県を代表する(?)「ふつうの」郊外のまちです。
そんな「ふつうすぎる」北本市周辺で「なにもない」から、「なにかありそう」のワクワクを発見してもらいたい、と思って企画はスタートしました。

タイトルは、参加して下さる皆さんに対するウェルカムの気持ち、新入生歓迎!の意味を込めて「埼玉1年生になる」。
前置きが長くなりましたが、そんなわけでツアーを開催しました。

<農ある暮らし体験>
 3班にわかれ(1)専業農家の暮らし、(2)イマドキ兼業農家の暮らし、(3)雑木林を活用した暮らしを体験です。
(1)専業農家の暮らし
 にんじんなど露地野菜を中心に20ha近くの農地で農業経営する「内田農園」さんのお宅に伺い、旬の野菜の収穫体験です。
 内田さんは多品種の野菜を栽培しています。にんじん一つとっても色も形もさまざま。だいこんも種類によって抜き取る力の入れ具合が異なります。寒さも忘れて皆さん作業に集中です。こんな小さいお子さんも頑張って収穫しました。

uchidanouen

 内田さんのご自宅では、野菜をふんだんに使った「農家めし」を囲み、普段の暮らしをざっくばらんに話していただきました。内田さんから「また近くに来たら、駅まで迎えに行くから連絡して」と優しいお言葉も。アットホームな体験になりました。

(2)イマドキ兼業農家の暮らし
 鴻巣市で水稲や露地野菜を栽培する「木食草衣」の飯塚さんのお宅に伺いました。飯塚さんは、都内で自然解説員の仕事をしながら農業にも携わっています。麦踏みや、キクイモ、かぶの収穫を体験しました。
 一列に並んで麦の若い芽を横歩きで踏んでいきます。最初はびくびくしながら、作業が進むにつれて快調に。会話も弾みます。
キクイモは生姜のような見た目のキク科植物。油で揚げてチップにしたり、ポタージュにしてもおいしいですよ、とのこと。一人がスコップで土を掘り起こし、周りの人がその中からキクイモを探し…連携プレーで宝物を見つけるような作業です。「土のやわらかい、ひんやりとした感触が気持ちいい」と、好評でした。

お昼は、納屋にテーブルを準備してもらって、飯塚さんのお宅で採れた農薬を使わずに栽培したお米や野菜を使ったランチです!どのお料理も飯塚さんの人柄を感じる優しい味です。 お庭で飼っているニワトリからの贈り物、新鮮卵で卵がけごはんも。これが「普通の暮らし」です、なんて贅沢なんでしょう…

mokujiki_noukameshi

(3)雑木林を活用した暮らし
 北本市内には、街に寄り添うように雑木林が点在しています。多くはNPO法人「北本雑木林の会」さんが管理していて、市民の方は公園のように利用しているそうです。
 雑木林の一角をお借りして、落ち葉で堆肥づくり、薪づくりをしました。
 板で囲った堆肥所に落ち葉をいれて、じょうろで水をまきながら踏み踏み…このフカフカな感じ、日頃味わえるものではありません。ハイジに出てくる、干し草で作ったベッドってこんな感じかも!(わかりますか?)
 お昼は移動するピザ窯を使って手作りピザに舌鼓!青空の下で食べて美味しさ倍増です。

zoukibayashi_ochibataihi

<交流会>
 体験終了後、北本市野外活動センターに集合し、一日の活動を振り返る交流の時間を持ちました。
 参加者の方から「土をさわって、おいしいごはんを食べて、人間らしさを楽しめました」「野菜でお腹がいっぱいになることは、普段の生活ではない、新鮮な体験でした」「都心に近く自然を感じて暮らせるところに魅力を感じました」など感想をいただきました。受け入れしてくださった内田さん、飯塚さんからも、「新たな気づきのある一日となりました、また遊びに来てください。」とのお話がありました。

yakatsu_kouryukai

 北本市では雑木林の保全や、それを活用したまちづくりを進めています。今回ツアー企画に尽力していただいた北本市観光協会をはじめ、若い方の地域の魅力発信も活発です。 「なにもない」は「余計なものがなくて自由度が高い」「ふつうの暮らしの中に、小さな幸せを見つけることができる」なのかもしれない、と思いました。
 北本駅から徒歩圏内にある雑木林は、散歩道が整備されていて、いつでも誰でも散策できます。都会の喧騒を離れ、ちょっとリフレッシュしたい方、ぜひ一度足を運んでみてください。

2月9日(土曜日)に、有楽町の東京交通会館で、北本市・ときがわ町の「農ある暮らし」をちょこっと紹介するセミナーも開催します。当日は、地域で農ある暮らしを実践している方をゲストに迎え、実際の暮らしのあれこれをお話していただきます。自然豊かな農村暮らしにご興味のある方、ぜひお越しください。

kitamoto_zoukibayashi