Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月4日

令和元年8月28日定例会議の会議録

1.開催日

令和元年8月28日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員       
  • 松本委員  
  • 利根川委員
  • 塩川委員     

(2)警察本部   

  • 警察本部長   
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長
  • 財務局長 
  • 総務課長   
  • 公安委員会室長  
  • 訟務官
  • 人身安全対策課長
  • 保安課長
  • 交通規制課長
  • 運転管理課長 

3.議事の概要

(1)決裁事項 

ア 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理及び受理について説明があり、決裁した。 

イ 運転免許行政処分者に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分者に対する審査請求について説明があり、決裁した。

ウ 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正に伴う埼玉県警察組織規則の一部改正について

保安課から、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正に伴う埼玉県警察組織規則の一部改正について説明があり、決裁した。

エ 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正に伴う埼玉県公安委員会公印規程等の一部改正について

保安課から、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正に伴う埼玉県公安委員会公印規程等の一部改正について説明があり、決裁した。 

オ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について

保安課から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について説明があり、決裁した。 

交通規制の実施及び廃止について

交通規制課から、交通規制の実施及び廃止について説明があり、決裁した。 

キ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 警察本部用セキュリティゲートの設置について

財務局長から、警察本部の更なるセキュリティの強化を図るため、県庁第二庁舎1階西側一般来庁者用エレベーターホールにセキュリティゲートを設置することについて報告があった。 

イ 敬老の日における特殊詐欺被害防止キャンペーンの実施について~女子プロ野球機構と連携した啓発活動~

生活安全部長から、県内で多発する特殊詐欺被害を防止するため、「敬老の日」に、女子プロ野球機構によるシニア優遇試合「埼玉アストライア対京都フローラ」戦において、来場する高齢者等に対して女子プロ野球選手と協働し被害防止啓発活動を実施することについて報告があった。委員から、「今回のキャンペーン実施について広報はどのようにするのか。」旨の質問があり、生活安全部長から説明があった。委員長から、「できるだけ多くの高齢者の方が子や孫と一緒に試合を観戦して、振り込め詐欺についても関心をもってもらえれば良いと思う。」旨の発言があった。

ウ 風俗店等に対する取締り推進状況(令和元年上半期)について

生活安全部長から、県内の風俗情勢は、平成30年中の県下全体の客引きの取締り要望が大幅に増加する等、風俗環境の悪化が懸念されている状況であることから、客引き取締りの重点実施警察署を指定して実施した、令和元年上半期における取締り推進状況について報告があった。委員から、「大宮駅周辺で料金トラブルが多いと聞いている。警察としても積極的に取締りをしてもらいたい。」旨の発言があった。

エ 犯行拠点(アジト)摘発による特殊詐欺グループの検挙について

刑事部長から、特殊詐欺総合対策本部、埼玉県・千葉県警察合同捜査本部、川口警察署及び蕨警察署は、令和元年7月3日から同月5日までの間、被害者に対し、同人の息子を装い電話をかけ、「小切手が入っていた鞄をなくした。」、「小切手の代わりに現金が必要、お金を融通してくれないか。」等と嘘を言い、至急現金が必要であるものと誤信させて現金をだまし取ろうとしたが、被害者に看破され未遂に終わった事件に関して犯行拠点を摘発し、令和元年8月23日までに、特殊詐欺グループを検挙したことについて報告があった。

オ 少年3人による窃盗(ひったくり)事件の検挙について

刑事部長から、捜査第三課、少年捜査課、蕨警察署及び浦和警察署は、令和元年7月18日、埼玉県戸田市内の路上において、歩行者の男性に後方から自転車で近づき、追い抜きざまに、ズボンの左後ろポケットから現金等在中の財布をひったくり窃取した少年3人を、令和元年8月20日に逮捕したことについて報告があった。委員から、「少年が逮捕されているが、学校連絡をしているのか。」旨の質問があり、生活安全部長から説明があった。委員長から、「少年は軽い気持ちで犯罪に手を染めてしまう。非行防止教室等により少年の非行防止に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

カ 可搬式オービス違反未出頭者に対する強制捜査(全国初)について

交通部長から、平成31年4月5日に埼玉県蓮田市大字黒浜地内において、可搬式速度違反自動取締り装置により速度を測定し、指定の最高速度40キロメートル毎時を38キロメートル超える78キロメートル毎時の速度で運転した被疑者に対して、繰り返し出頭通知や電話連絡を実施したが出頭に応じないことから令和元年8月21日に、同被疑者を逮捕したことについて報告があった。委員長から、「検挙により『上申書を提出すれば大丈夫』という誤った考えを修正できて良かった。引き続き、効果的な取締りにより、交通事故防止に努めてもらいたい。」旨の発言があった。 

キ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和元年8月21日から8月27日までの間における実施結果及び8月28日から9月3日までの間における実施予定について報告があった。

ク 職務執行苦情取扱状況(令和元年7月中)について

監察官室から、令和元年7月中における警察宛ての苦情の取扱状況について報告があった。

ケ ストーカー規制法における対応状況(令和元年7月中)について

人身安全対策課から、令和元年7月中のストーカー規制法における対応状況について報告があった。 

 

 

 

委員長から、「本日の定例会議で、捜査員の地道な捜査により、特殊詐欺のアジトを摘発したり、自転車を利用したひったくり被疑者を検挙するなど、効果的な検挙事例について報告があった。AIの活用など捜査の高度化が進んでいる中、やはり基本は『捜査員の力』だと思う。今回の検挙事例を参考とし、今後も、若手を始めとした捜査員の能力向上に努めていただきたい。最後に、8月26日付けをもって塩川委員が就任し、公安委員会も新体制となった。引き続き、警察の適切な管理に努めていきたいと考えているので、適宜、適切な報告をお願いしたい。」旨の発言があった。

 ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?