Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月26日

令和元年7月31日定例会議の会議録

1.開催日

令和元年7月31日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員
  • 木村委員      
  • 松本委員  
  • 利根川委員     

(2)警察本部   

  • 警察本部長 
  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 総務課長   
  • 公安委員会室長
  • 監察官室長 
  • 訟務官
  • 人身安全対策課長    
  • 保安課長 
  • 交通規制課長 
  • 運転管理課長 

3.議事の概要

(1)決裁事項 

ア 人事案件について

警務部長から、人事案件について説明があり、決裁した。

イ 警察署協議会委員の解嘱及び委嘱について

総務課から、警察署協議会委員の解嘱及び委嘱について説明があり、決裁した。

ウ 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理、受理、再苦情及び書簡への対応について説明があり、決裁した。

エ 行政訴訟事件の発生及び応訴方針について

監察官室から、行政訴訟事件の発生及び応訴方針について説明があり、決裁した。 

オ 運転免許行政処分に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分に対する審査請求について説明があり、決裁した。

カ 放置違反金納付命令に対する審査請求について

監察官室から、放置違反金納付命令に対する審査請求について説明があり、決裁した。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について

保安課から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について説明があり、決裁した。

ク 交通信号機の新設について

交通規制課から、交通信号機の新設について説明があり、決裁した。 

運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 令和元年埼玉県警察広報用写真コンクールの開催について

総務部長から、警察庁主催の広報用写真コンクールへの出展作品を選考するほか、優れた作品については各種広報資料とし、警察広報の推進に資するため、令和元年広報用写真コンクールを実施することについて報告があった。委員長から、「昨年も審査を行ったが、どの作品も素晴らしく甲乙つけがたい。今年も素晴らしいコンクールとなることを期待している。」旨の発言があった。

イ 懲戒等処分状況(平成31年4月~令和元年6月)について

警務部長から、平成31年4月から令和元年6月までの懲戒等処分状況について報告があった。委員から、「引き続き、規律の保持に努めてほしい。」旨の発言があった。委員長から、「工夫を凝らした教養を行うなど、引き続き、非違事案防止に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

ウ 「少年非行白書(令和元年版)」の発刊について

生活安全部長から、県内の少年非行の現状及び総合的な少年非行防止対策について広く県民に理解を求めるとともに、地域社会が一体となった少年健全育成の気運の醸成を図ることを目的に「少年非行白書(令和元年版)」を発刊することについて報告があった。委員長から、「少年非行白書を活用して、少年の非行防止や健全育成のための取組を進めてもらいたい。」旨の発言があった。委員から、「過日、少年サポートセンターを視察し、少年非行白書でも掲載しているように、専門の職員が心理テストを活用して、少年への指導や助言を地道に行っていることがよくわかった。この白書が少年の健全育成の気運醸成につながることを期待している。」旨の発言があった。

エ ラグビーワールドカップ2019競技大会開催に伴う熊谷駅周辺に対する合同査察の実施について

生活安全部長から、ラグビーワールドカップ2019競技大会では、4試合が熊谷ラグビー場において開催されることから、国内外の来訪者が安全に、かつ、安心して熊谷市を訪れることができるよう、風俗環境浄化対策及び防火対策を目的に警察、消防、熊谷市等関係行政機関が連携して、所管法令に基づく指導・取締り等の合同査察を実施することについて報告があった。

オ 埼玉県暴力団排除条例を適用した勧告の実施について~埼玉県熊谷市所在の飲食店等による利益供与事案~

刑事部長から、熊谷市内において飲食店を営む2事業者が暴力団の威力を利用する目的で、ほぼ毎月、銀行のATM等から振り込み送金するなどして、暴力団幹部にそれぞれ供与し、同暴力団幹部は、当該利益の供与を受けた事案において、事業者に対しては、その事業に関し、暴力団員又は暴力団員が指定した者に対し、利益の供与をしないことを、暴力団員に対しては、事業者から利益の供与を受けたり、要求をしないように勧告を実施したことについて報告があった。

カ 令和元年夏の交通事故防止運動の実施結果について

交通部長から、令和元年7月15日から同月24日まで実施した、令和元年夏の交通事故防止運動期間中の交通事故発生状況、交通取締り状況等について報告があった。委員長から、「交通事故防止運動の期間中、昨年と比較して交通事故死者数や事故件数が減少するなど結果が出ている。引き続き、交通事故抑止対策を進めてもらいたい。」旨の発言があった。

キ 埼玉県公安委員会等が行う事務に関する手数料条例の一部を改正する条例案について

交通部長から、埼玉県公安委員会等が行う事務に関する手数料条例の一部を改正する条例案について報告があった。委員長から、「改正案は、記載事項変更の届出なども運転免許証の再交付申請が可能となるのか。」旨の質問があり、交通部長から説明があった。

ク 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和元年7月24日から同月30日までの間における実施結果及び7月31日から8月20日までの間における実施予定について報告があった。

ケ 監察の取扱いについて

監察官室から監察の取扱いについて報告があった。 

コ ストーカー規制法における対応状況(令和元年6月中)について

人身安全対策課から、令和元年6月中のストーカー規制法における対応状況について報告があった。

 

 

委員長から、「7月24日、公安委員全員で犯罪被害者支援室と少年サポートセンターを視察した。犯罪被害者支援室と少年サポートセンターは、武蔵浦和駅と隣接したビルの中にあり、立地的には申し分ない、来訪者に対して優しい施設だと感じた。犯罪被害者支援室では、事務室や実際に相談を受けている『カウンセリングルーム』を視察した。その後、少年サポートセンターに移動して、少年課長からサポートセンターの体制や活動について説明を受けた後、公認心理師とスクール・サポーターとの意見交換会を行った。公認心理師から、描画療法や箱庭療法を行った少年の事例について説明を受けたが、少年相談を重ねるにつれ、少年の作品が明らかに変わっていくなど、問題行動が改善されていく様子がよく分かった。また、スクール・サポーターからは、昔と今では問題行動の『質』が変わってきていて、いわゆる『不良』が少なくなっていること、少年と信頼関係を構築するには時間がかかり、たとえ暴言を吐かれても地道に声かけを行っており、先生からも頼りにされていることを聞き、まさに『警察と学校との橋渡し役』として機能していることを実感した。埼玉県警は、全国に先駆けてスクール・サポーターを導入したと聞いているが、引き続き、少年の非行防止・健全育成のために尽力いただきたい。また、7月26日、初任科第283期生の卒業式に公安委員会を代表して出席した。とても暑い中での式となったが、卒業生の凛々しい姿を見て、将来への気概を感じた素晴らしい卒業式であった。最後に、いよいよ関東甲信地方も梅雨明けし、夏本番となった。連日猛暑が続く予報であり、特に屋外で活動する職員は、水分補給に心掛けるなど体調管理に留意していただきたい。」旨の発言があった。

 ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?