Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月26日

令和元年7月24日定例会議の会議録

1.開催日

令和元年7月24日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員
  • 木村委員      
  • 松本委員  
  • 利根川委員     

(2)警察本部   

  • 警察本部長 
  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長 
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長
  • 総務課長   
  • 公安委員会室長 
  • 訟務官    
  • 保安課長 
  • 捜査第四課長   
  • 運転管理課長 

3.公安委員会委員長の互選 

警察法第43条第1項に基づき、公安委員会委員長の互選を行った。

4.議事の概要

(1)決裁事項 

ア 青森県公安委員会からの援助要求について

警備部長から、重要防護施設の警戒警備等に万全を期するため、青森県公安委員会から埼玉県公安委員会に対してなされた警察官の援助要求について説明があり、審議の結果、これを決裁した。 

イ 警察署協議会委員の解嘱及び委嘱について

総務課から、警察署協議会委員の解嘱及び委嘱について説明があり、決裁した。

ウ 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理について説明があり、決裁した。 

エ 運転免許行政処分に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分に対する審査請求について説明があり、決裁した。

オ 放置違反金納付命令に対する審査請求について

監察官室から、放置違反金納付命令に対する審査請求について説明があり、決裁した。

カ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について

保安課から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について説明があり、決裁した。

キ 埼玉県暴力団排除条例の勧告の実施について

捜査第四課から、埼玉県暴力団排除条例の勧告の実施について説明があり、決裁した。

運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 朝霞警察署新庁舎の概要等について

総務部長から、朝霞市栄町地内に建設中の朝霞警察署新庁舎の概要及び今後の業務開始時期等について報告があった。 

イ 「県民の期待と信頼に応える強い埼玉県警察の確立」に向けた施策推進状況(平成30年度)及び今後の取組方針について

警務部長から、「県民の期待と信頼に応える強い埼玉県警察の確立」に向けた施策推進状況(平成30年度)及び今後の取組方針について報告があった。

ウ SNSに起因する児童の犯罪被害防止のための取組の実施結果について

生活安全部長から、平成31年4月から令和元年6月までに、SNSに起因する児童の犯罪被害防止を図ることを目的とし、ツイッターにおいて、援助交際等を求める児童の不適切な書き込みをサイバーパトロールによって発見し、同書き込みに対して注意喚起に資するメッセージを送信した取組結果について報告があった。委員長から、「予想以上に不適切な書き込みが多い。この取組は全国でどの位行っているのか。」旨の質問があり、生活安全部長から説明があった。委員から、「具体的にどのように警告しているのか。」旨の質問があり、生活安全部長から説明があった。委員長から、「ツイッターに援助交際を求める不適切な書き込みをすることは、児童が犯罪被害に遭う可能性がある。引き続き、児童の犯罪被害防止のため、取組を進めてもらいたい。」旨の発言があった。

エ 組織的オートバイ盗事件の検挙について

刑事部長から、捜査第三課、川越警察署、蕨警察署及び川口警察署の合同捜査班は、県南部を中心として広域的にオートバイを窃取し、外国人等に売りさばいていた犯行グループの被疑者13名を検挙し、これまでに1都3県下に及ぶオートバイ盗事件等を解決したことについて報告があった。

オ 麻薬及び向精神薬取締法違反等事件の検挙について

刑事部長から、大宮駅周辺地区暴力団壊滅集中取締本部及び大宮警察署は、令和元年7月9日までに、さいたま市大宮区所在の店舗内において、麻薬であるコカイン塩酸塩を含有する白色粉末を所持していた被疑者及び居室内において覚醒剤を所持していた被疑者をそれぞれ逮捕したことについて報告があった。 

カ 組処法違反及び詐欺事件被疑者の検挙について

刑事部長から、国際捜査課及び新座警察署は、令和元年7月2日までに、米国からの送金について、詐欺等の犯罪収益であると認識しながら、正当な事業収益金であるかのように装い、犯罪収益の取得につき事実を仮装するとともに、人を欺いて現金を交付させた被疑者を逮捕したことについて報告があった。 

キ 茨城県南部地震を想定した交通対策訓練の実施について

交通部長から、令和元年8月29日に、茨城県南部地震の発生により、県内各地では震度5弱から6強を観測、特に県東部及び茨城県内に甚大な被害が発生したという想定の下、緊急自動車等を迅速に被災地まで走行させるため、茨城県へ通じる国道125号バイパスを緊急交通路に指定し、緊急交通路の確保訓練、緊急通行車両等への標章交付を行う交通検問所の開設訓練及び標章交付訓練を実施することについて報告があった。委員長から、「訓練を行うことにより、実際に災害が発生した場合、瞬時に判断して動くことができる。この訓練が有意義なものになることを期待している。」旨の発言があった。

ク ラグビーワールドカップ2019警備概要について

警備部長から、ラグビーワールドカップ2019警備概要について報告があった。委員長から、「いよいよラグビーワールドカップ開催が近づいてきた。大会が安全で円滑に運営されるように準備を進めてもらいたい。」旨の発言があった。

ケ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和元年7月10日から同月23日までの間における実施結果及び7月24日から同月30日までの間における実施予定について報告があった。

コ 職務執行苦情取扱状況(令和元年6月中)について

監察官室から、令和元年6月中における警察宛ての苦情の取扱状況について報告があった。

 

 

 

委員から、「7月18日に『令和元年度埼玉県警察少年非行防止ボランティア大会』に公安委員会を代表して出席し祝辞を述べさせていただいた。大会では、日頃から少年非行防止や健全育成のために尽力された方々に対する表彰があり、また、浦和東警察署少年非行防止ボランティア連絡会からの活動紹介を拝見し、少年警察ボランティアの方々は地道な活動をされていることを再認識した、素晴らしい大会となった。」旨の発言があった。

委員から、「7月11日、埼玉県警察協力医会定期総会及び研修会が開催され、その研修会に参加し、大学教授から検視に関する講義を拝聴したが、参加者から多くの質疑があるなど、大変有意義な研修会となった。」旨の発言があった。

委員長から、「本日の定例会議において、警務部から『県民の期待と信頼に応える強い埼玉県警察の確立に向けた施策の推進状況と今後の取組方針』について報告があった。平成30年度の取組については、特に女性の活躍推進に関し、女性職員の割合が10.9%に上昇しているなど、各種取組とも順調に推移していると感じた。今後の取組方針については、警察庁の通達を踏まえた新たな要綱を策定し推進していくとのことであるが、人口減少や急速な高齢化など、様々な課題に対して適切に対応していくためには、10年先の将来の県警をイメージして検討していく必要がある。今後の取組方針等を職員一人一人に浸透させていただき、県民の期待と信頼に応えるために尽力していただきたい。」旨の発言があった。

 ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?