Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月25日

令和元年6月12日定例会議の会議録

1.開催日

令和元年6月12日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員
  • 木村委員      
  • 松本委員  
  • 利根川委員     

(2)警察本部  

  • 警察本部長
  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長 
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長   
  • 総務課長
  • 公安委員会室長
  • 監察官室長    
  • 訟務官
  • 公安第一課長
  • 警備課長 
  • 運転管理課長 

3.議事の概要

(1)決裁事項

ア 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理及び苦情の受理について説明があり、決裁した。

運転免許行政処分に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分に対する審査請求について説明があり、決裁した。 

ウ 交通違反に係る基礎点数の付加に対する審査請求について

監察官室から、交通違反に係る基礎点数の付加に対する審査請求について説明があり、決裁した。 

エ 埼玉県公安委員会事務専決規程の一部改正について

公安第一課から、埼玉県公安委員会事務専決規程の一部改正について説明があり、決裁した。

オ 京都府公安委員会からの援助要求について

警備課から、G20大阪サミット開催に伴う警備の万全を期すため、京都府公安委員会から埼玉県公安委員会に対してなされた警察官の援助要求について説明があり、決裁した。 

カ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 埼玉県警察音楽隊第7回ファミリーコンサートの開催について

総務部長から、警察活動に対する更なる県民の理解と協力を得るため、令和元年9月7日に、サンシティ越谷市民ホールにおいて、埼玉県警察音楽隊第7回ファミリーコンサートを開催することについて報告があった。委員長から、「毎年2月に開催される定期演奏会は、応募者が多数おり、演奏を聴くことができない方がいると聞いたことがあるが、ファミリーコンサートを開催することにより、多くの方が警察音楽隊の演奏を聴くことができると思う。」旨の発言がった。

イ 平成30年度女性職員の活躍推進及び職員のための子育てサポート推進プログラムの推進状況及び公表について

警務部長から、平成30年度女性職員の活躍推進及び職員のための子育てサポート推進プログラムの推進状況及び公表の概要について報告があった。委員長から、「県警察では女性限定のインターンシップを開催するなど、工夫を凝らした採用活動を行っている。また、男性職員の子育て参画を促すため、男性向けの子育て研修を開催しているが、男性職員の積極的な参加を働きかけてもらいたい。」旨の発言があった。

ウ 地域部門の業務に従事する警察官の機能性向上について

地域部長から、地域部門の業務に従事する警察官の活動帽の着用範囲を試行的に拡大するとともに、制服用ワイシャツ等の袖の折り返し基準を示し、勤務時における機能性の向上を図ることについて報告があった。委員長から、「警察官は身だしなみが重要であり、報告のとおり、制服の着用に関する基準は明確にした方が良いと思う。」旨の発言があった。

エ 背面防護性能付き耐刃防護衣の導入について

地域部長から、試行実施の結果を踏まえ、「背面防護機能付き耐刃防護衣」を導入することについて報告があった。委員から、「より安全で効果的な装備資機材の検討を続けてもらいたい。」旨の発言があった。

オ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和元年6月5日から同月11日までの間における実施結果及び6月12日から同月18日までの間における実施予定について報告があった。 

カ 監察の取扱い事案について

監察官室から、監察の取扱い事案について報告があった。

 

 

 

委員から、「5月30日に東入間警察署協議会、5月31日に鴻巣警察署協議会に出席した。東入間警察署協議会では『東京オリンピック・パラリンピック競技大会等に向けたテロ対策』について諮問がなされ、協議会委員から『不審者情報等の収集のためにタクシーや新聞販売店等の協力が必要』等の様々な意見があった。私から感想として『一概にテロと言ってもターゲットは幅広い。住民の方々の協力が不可欠である。』旨を申し上げた。また、鴻巣警察署協議会では『高齢者等に対する交通事故抑止対策』について諮問がなされ、協議会委員から『運転免許証の自主返納は、孫世代から促してみてはどうか。』、『運転免許証の自主返納促進は返納後の優遇措置等の行政との連携が必要である。』等の意見があり、私から感想として『高齢者講習や認知機能検査だけでなく、身体の機能検査も加えると正確な把握ができるのではないかと思う。』旨を申し上げた。両協議会とも熱心に協議していただき、協議会委員が警察の活動に期待していることを実感した。」旨の発言があった。

委員から、「6月6日、幸手警察署協議会に出席した。協議会の前に『幸手駅前交番』を視察したが、幸手駅の改修とともに交番も新しくなっており、とても活動しやすい交番ではないかと思った。その後、幸手警察署員との意見交換を行ったが、忙しいながらも意欲的に勤務されていることを感じた。協議会では『テロ対策』について諮問がなされ、協議会委員から様々な意見が出るなど活発な協議となり、私から感想として「日本も例外ではなく『テロ対策』に関心を持って対応していく必要がある。」旨を申し上げた。幸手警察署協議会は、趣旨に沿った運営をされていることを実感し、とても有意義な視察となった。」旨の発言があった。 

委員から、「6月7日、大宮西警察署協議会に出席した。協議会の前に『上小交番』を視察したが、古い交番ながらも室内は整然としており、交番勤務員が大切に使っていると感じた。協議会では『交通対策』について諮問がなされ、協議の前に交通課長から管内の交通対策について説明があり、滋賀県大津市内で園児が散歩中に交通事故に巻き込まれた事件を受け、管内の幼稚園、保育園への聞き取り調査を実施し、今後、散歩に同行するなど危険個所の把握に努めていく旨の説明があった。また、協議では協議会委員から『自転車の運転マナーが悪いので指導や取締りをした方がよい。』旨の意見があり、私から感想として、県内の交通事故情勢について説明した後、『高齢者の自転車乗車中の事故が多く、高齢者の自転車乗車中の交通事故防止対策は喫緊の課題である。』旨を申し上げた。」旨の発言があった。 

委員長から、「本日の定例会議において、警務部から『女性職員の活躍推進、子育てサポート推進プログラムの推進状況』について報告をいただいた。目標に対する取組状況については、女性警察官の割合が10.9%と前年と比較して増加しているなど、概ね順調に推移していると感じた。昨年、生活安全部の女性職員交流会に出席したが、女性職員のパワーを肌で感じ、家事、育児、仕事と色々悩みながらも、一生懸命に頑張っている女性職員が多くいることを実感した。女性職員の活躍推進は、多様化する県民のニーズに応えるものであり、警察力の向上のため欠かせない取組であるので、引き続き、各種取組を推進し、魅力のある働きやすい職場づくりに尽力いただきたい。」旨の発言があった。

 ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?