• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月9日

ハイブリッド手術室

ハイブリッド手術室の様子

ハイブリッド手術室とは、手術室と血管X線撮影装置を組み合わせたものです。
手術室とカテーテル室の機能を併せ持つことで、最新の医療技術に対応します。
(X線を使用するので診療放射線技師も手術にかかわります)
当院のハイブリッド手術室は、大画面モニタ2面をはじめ充実した機能を備え、あらゆる診療科の手術が快適に行えるよう構成されています。

循環器・血管領域

当院では現在、心臓の弁膜症に対するTAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)や、MitraClip(経皮的僧帽弁接合不全修復システム)、大動脈瘤に対して、リアルタイムに3次元CT画像を透視画像に重ね合わせできる機能を駆使し、より安全にステントグラフト内挿術を行っています。

    

9cmの腹部大動脈瘤破裂に対する緊急ステントグラフト術広範囲弓部大動脈瘤に対するハイブリッド枝付きステントグラフト術

 

呼吸器領域

触知困難な小さな肺癌に対しても、胸腔鏡とコーンビームCTガイドを組み合わせることにより、手術中に病変を同定し切除することができます。

 

肺がんCT3

脳神経外科領域

2019年4月から脳神経センターが開設され、今後は脳血管奇形や高難度動脈瘤など治療難度の高い脳疾患に対して、開頭手術とカテーテル治療を組み合わせたハイブリッド治療を導入する予定です。

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?