ページ番号:219508

掲載日:2022年9月30日

ここから本文です。

企画展「銘仙」

県立歴史と民俗の博物館では、令和4年10月15日(土曜日)から12月4日(日曜日)までの期間、企画展「銘仙」を開催します。
手頃でおしゃれな絹の着物「銘仙」。明治40年代に広まった「ほぐし織」の技術により、色鮮やかな模様銘仙を作ることが可能となりました。戦前の女性たちは、よそゆきの着物として、銘仙を着て出かけたようです。銘仙の生産地は、秩父(埼玉県)、伊勢崎(群馬県)、足利(栃木県)などの関東地方の養蚕業や織物業が盛んであった地域が知られています。
本展覧会では、当館所蔵の銘仙をはじめ、銘仙の生産工程や新しく生産された新作銘仙などもご紹介します。

対象

どなたでも

日時

令和4年10月15日(土曜日)~12月4日(日曜日)
9時~16時30分(観覧受付は16時まで)

場所

名称

県立歴史と民俗の博物館

所在地

さいたま市大宮区高鼻町4-219

電話番号

048-645-8171

ファックス番号

048-640-1964

ホームページ

県立歴史と民俗の博物館ホームページ(別ウィンドウで開きます)

費用

一般400円、高校生・学生200円
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちのかた(付添1名を含む)は無料。
※「ぐるっとパス2022」で観覧できます。

申し込み

企画展については申込不要。
※記念講演会等の関連事業については、申込が必要なものもございます。
※詳しくは、当館ホームページを御確認ください。

県立歴史と民俗の博物館ホームページ(別ウィンドウで開きます)

備考

月曜日休館

詳細ページへのリンク

県立歴史と民俗の博物館の令和4年度企画展(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

県立歴史と民俗の博物館(048-645-8171)

お問い合わせ

教育局 歴史と民俗の博物館 展示担当

郵便番号330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町四丁目219番地

ファックス:048-640-1964