トップページ > イベントカレンダー > 文部科学省委託「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」

ページ番号:200453

掲載日:2021年9月1日

ここから本文です。

文部科学省委託「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」

バリアフリー資料

令和元年6月に「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律(読書バリアフリー法)」が成立しました。これは、障害の有無に関わらず、すべての人が読書による文字・活字文化の恩恵を受けられるようにするための法律です。
県教育委員会では、文部科学省の委託を受け、図書館の障害者サービスや障害者サービス用資料を案内する研修会を、県民の皆様や図書館職員、音訳者等の図書館協力者を対象に開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。
11月4日(木曜日)
・講演「録音資料製作と音訳者に求められる技術」(安田知博氏・音訳講師、フリーアナウンサー)
・記念講演「発達障害の子供を持つ親として思うこと 子育てから学びまで」(牧野綾氏・調布デイジー代表)
・パネルディスカッション「読書バリアフリー法を活用して障害者等への情報提供を 公共図書館・学校図書館・点字図書館の役割」(杉山雅章氏・川崎市視聴覚情報文化センター所長、牧野綾氏、生井恭子氏・東京都立鹿本学園)
11月5日(金曜日)
・行政報告「読書バリアフリー法とその基本計画」(文部科学省職員)
・講義「さまざまな障害者サービス用資料とその使い方、サピエ図書館の紹介」(埼玉県図書館協会障害者サービス専門委員会)
・事例紹介「視覚障害者の最新の読書環境 点字・デイジーから電子書籍の音声読み上げ機能まで」(荒川明宏氏・株式会社ラビット代表取締役)

両日とも、障害者サービス用資料の展示と体験会を同時開催します。

対象

県民、図書館職員、音訳者等の図書館協力者

日時

令和3年11月4日(木曜日)10時~16時30分
令和3年11月5日(金曜日)9時45分~16時20分

場所

名称

1日目 さいたま市文化センター
2日目 さいたま文学館

所在地

1日目 さいたま市南区根岸1-7-1
2日目 桶川市若宮1-5-9

ホームページ

県立久喜図書館(別ウィンドウで開きます)

費用

無料

申し込み

10月27日(水曜日)までに、電話、ファックス、メール、ウェブサイト(電話0480-21-2659、ファックス0480-21-2791、メールlib-shogai@pref.saitama.lg.jp)でお申込みください。

埼玉県立図書館(別ウィンドウで開きます)

備考

定員 さいたま市文化センター170人、さいたま文学館75人、(ただし新型コロナウィルス感染症の状況によって変更あり)各日とも申込順。

お問い合わせ

県立久喜図書館(電話0480-21-2659)

お問い合わせ

教育局 久喜図書館 バリアフリー読書推進担当

郵便番号346-8506 埼玉県久喜市下早見85番地の5

ファックス:0480-21-2791