トップページ > 文化・教育 > 未来人材育成プロジェクト

教育委員会

ここから本文です。

ページ番号:97060

掲載日:2021年7月13日

生涯学習を担う未来人材育成プロジェクト

生涯学習を担う未来人材育成プロジェクトの概要

子ども大学ロゴマーク

 子ども大学は、2002年にドイツのチュービンゲン大学で始まり、ヨーロッパに広がりました。2009年(平成21年)3月には、日本で初めて「子ども大学かわごえ」が誕生しました。

 埼玉県では、この取組をモデルとして平成22年度から、子供の学ぶ力や生きる力を育むとともに、地域で地域の子供を育てる仕組みを創るため、子ども大学の開校を推進し、平成28年度には県内全域に広がりました。

 各子ども大学では、大学のキャンパス等を会場に、大学教授や地域の専門家等が講師となり、子供の知的好奇心を刺激する講義や体験活動が行われています。

 また、各子ども大学においては、NPOや自治体が運営の母体となったり、大学や団体、自治体等が実行委員会を組織したりと「地域の教育力」を結集した運営が行われています。

 平成28年度からは、この子ども大学の組織と内容を充実させるため、「異年齢交流モデル事業」と「広域化モデル事業」を実施する子ども大学への支援を行い、その成果を広めていくことで、各地域で生涯学習を担う人材の育成につなげていく「生涯学習を担う未来人材育成プロジェクト」事業に取り組みました。

 平成29年度からは「外国人交流モデル事業」を実施する子ども大学への支援、平成30年度からは「特別支援子ども大学」開校の支援を行っています。

令和元年度の「子ども大学モデル事業発表交流会」は、お茶の水女子大学名誉教授の内田 伸子(うちだ のぶこ)氏による特別講演や、子ども大学アドベンチャープログラムについての講義などを実施しました!

日時 令和2年2月15日土曜日13時15分開会(12時30分受付開始)

会場 埼玉県民健康センター大ホール

 5年以上自立運営している子ども大学の運営団体への感謝状の贈呈、子ども大学の実践発表(特別支援子ども大学2校)、内田 伸子 氏(お茶の水女子大学 名誉教授)による特別講演「子育てにもう遅いはありません~どの子も伸びる共有型しつけのススメ」、子ども大学アドベンチャープログラムについての講義を実施しました。

子ども大学異年齢交流・広域化・外国人交流モデル事業の実践2017-2018

各モデル事業等の実践については、下記を御覧ください。

子ども大学異年齢交流モデル事業・広域化モデル事業の実践2016-2017

 各モデル事業等の実践については、下記を御覧ください。

 

お問い合わせ

教育局 生涯学習推進課 生涯学習・社会教育担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館5階

ファックス:048-830-4964

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?