Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 人事・職員 > 採用情報 > 埼玉県職員採用情報 > 採用担当からのメッセージ(平成30年1月~4月)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月15日

採用担当からのメッセージ(平成30年1月~4月)

4月11日 ポケットブックまいたま

皆さん、こんにちは。
埼玉県庁では異動の季節が来て、送別会や歓迎会があちこちで開催されています。
県職員は、異動を重ねさまざまな経験をすると共に、同僚や知り合いが増え、
ネットワークが広がります!←ここ大事。

採用試験担当は新年度を迎え、新しいメンバーが加わりました。

イベントやセミナーで、新しい風を吹かせてくれると思います!

ところで、皆さん!
埼玉県スマホアプリ「ポケットブックまいたま」はご存知でしょうか?
昨年度末にリニューアルされ、新たに「採用情報」のタブが追加されました。
こちらから、採用情報をプッシュ通知でお知らせします。
ダウンロード後…
「タブ編集」で「採用情報」をONにしてください。

←こちらのQRコードからダウンロードしてくださいね!

3月16日 サクラ咲く

県庁の桜皆さん、お久しぶりです。県庁は桜が咲き始めました。
採用試験担当は…
採用活動解禁の3月1日を受けて…
パンフレット作成やイベント、説明会など
忙しい日々を送っておりました。
新しいパンフレットは、手に取って頂けましたか?
本日、各大学や公務員試験予備校に発送します。
是非とも、実物をご覧ください!
今日は、シニア活躍推進課をご紹介します。

シニア活躍推進課

生産年齢人口の減少により社会の活力の低下が懸念される中、シニアの皆さんに活躍していただくことが時代を切り開く大きな鍵となってきます。そこで、シニア活躍推進課ではシニアの皆さんが自らの意欲や希望に合わせて働くことができる社会を構築するため、平成28年度から次の3つの取組を柱に「働くシニア応援プロジェクト」を進めています。

  1. 企業での「働く場」を拡大する
  2. シニアの就業を支援する
  3. シルバー人材センターの魅力を高める

シニアの「働く」をこれまで以上に応援することで、シニアのパワーを社会の活力につなげる取組を埼玉から展開しています。
シニアの活躍について、知りたい方はこちらをどうぞ。

  • 働くシニア応援サイト

2月16日 ここで質問です

皆さんは11月1日が何の日かご存知でしょうか?

正解は埼玉県が定めた「彩の国教育の日」です。(平成15年度制定)
今回は、「彩の国教育の日」の普及啓発を行っている家庭地域連携課をご紹介します。

家庭地域連携課

当課では、市町村が実施する「学校応援団(※1)」や「放課後子供教室(※2)」の取組を支援するため、人材育成のための研修や優良事例の紹介等を行っています。
また、幼児教育の充実を図るため、小学校入学までに身につけてほしいことを「生活」「他者との関係」「興味・関心」の視点から「子育ての目安『3つのめばえ』」としてまとめ、リーフレットやカルタを作成し、幼稚園や保育所などを通じて保護者に周知し、活用を促しています。
さらに、本県では教育に関する理解を一層深める機会として、11月1日を「彩の国教育の日」としており、当課において普及啓発を行っています。教育の日の前後1か月には、学校公開や様々な施設での体験講座等多くのイベントが実施されます。
※1:保護者や地域の方々の協力を得て小・中学校の活動を支援するもの
※2:子供たちの安心・安全な居場所として放課後や週末等に勉強、スポーツ、文化活動等を行うもの
詳細は、こちらのページをご覧ください。

  • 彩の国教育の日

2月14日 3月セミナー申込受付中!

皆さん、3月に開催される埼玉県職員仕事紹介セミナー【密着!地域機関編&face to face 相談編】
の申込みを受け付けています。地域機関を訪問できる貴重な機会です!

  • 【密着!地域機関編】

【face to face 相談編】

  • 上級試験
  • 初級試験
  • 免許資格職試験
  • 経験者試験

今日は、【本庁編】の見学先、先端産業課の様子を報告します。

先端産業課

埼玉県では、大学・研究機関等の先端的な研究シーズと企業の優れた技術を融合させ、実用化・製品化・事業化を強力に支援する「先端産業創造プロジェクト」を平成26年度から推進しています。先端産業課では、先端技術に関する開発支援や、大学・研究機関との連携、県内企業向けのセミナー等を開催しています。支援した企業の売り上げが伸びたり、先端技術を駆使した製品の開発などに携われることは、県職員としてのやりがいになります。

先端産業創業プロジェクトをもっと知りたい方はこちらへ

  • 先端産業創業プロジェクトサイト

 2月5日 ぴかぴかひかる

2週間にわたる埼玉県職員仕事紹介セミナー【本庁編&出張編】が終了しました。
今回のセミナー中は雪が降り、足元が悪い中ご来場いただき、ありがとうございました。
今回は、特別支援教育課をご紹介します。

特別支援教育課

特別支援教育課では、施策の企画、調整や特別支援学校等における教育に対する指導や助言を行っています。
この中で、特別支援学校就労支援担当では、「チームぴかぴか」を運営しています。
「チームぴかぴか」は、特別支援学校の卒業生などが、教育委員会の非常勤職員として働くことで、日々の業務を通して就労スキルの向上を図りながら、一般企業への就職を目指す取組です。

発案者は、ある教員だったとのこと。

担当職員は行政職ですが、保護者への面談をしたり、まるで先生をしているようだとのお話でした。
メンバー1人ひとりの就職に関わることは、人生を左右すること。就職が決まるとうれしく、
やりがいを感じるとおっしゃっていました!!
「チームぴかぴか」のことを詳しく知りたい方はこちら

  • 障害者雇用促進に向けたモデル研究事業(「チームぴかぴか」事業)

2月2日 知識と景色と環境と…

いよいよ、今回のセミナーの最終日となりました。
池袋は…雪ですが、予定どおり開催します。
スーツ、革靴不要です!暖かい服、安全な靴でお越しください。
交通の不安がある方は、遠慮なく欠席してください。
※本セミナーは、採用活動ではありません。

では、【本庁編】の様子を報告します!

 環境政策課

当課の業務は、環境基本計画の策定、環境学習に関する活動の支援、彩の国埼玉環境大賞の企画・運営など多岐にわたります。
他にも、環境部内の予算のとりまとめや、他部局との調整などを行っています。
私は、環境に関する県の取組をまとめた「埼玉県環境白書」の作成や、大規模事業を行う際に公害の防止や環境の保全を図る制度である
「環境影響評価(環境アセスメント)」の運営などを担当しています。
入庁前は医療・福祉関連の仕事をしており、環境分野とは縁がありませんでした。
しかし、業務を通じて知識が身に付くにつれ、森や川などの様々な自然が、住民・企業・行政などの多くの人々の努力によって守られていることを強く感じるようになりました。
多様な業務を経験することで自らの視野を広げられることが、県職員として働く上での大きな醍醐味だと思います。

1月30日 チーム福祉

皆さん、「めったにない寒さ」が続く毎日ですが、お元気でしょうか?
こちら県庁では、熱いセミナーが続いています。

地域包括ケア課

みなさん、「地域包括ケアシステム」という言葉を御存知でしょうか。
これは、地域全体で協力・連携し、高齢者の方が住み慣れた地域で暮らし続けられるよう目指すしくみです。高齢化は全国的に進んでいます。埼玉県においても現在、65歳以上の方はおよそ4人に1人の割合に達しています。高齢化は今後も更に進むと予測されており、当課では、変化する時代に対応するため、3つの担当が業務を行っています。そのなかで総務・介護保険担当として、課内の総務の仕事や、介護保険制度運営に関する市町村支援などの仕事をしています。

高齢者福祉課

介護サービス事業所などの指定や運営指導、高齢者施設に対する補助金の交付等の仕事をしています。関わる法律も多く、机の上には分厚い法律書があり、常に条文と照らしながら県民からの問い合わせに誠実にお答えしています。
問い合わせの量は信頼の証です。
県民の信頼に応えられるよう、日々勉強しながら仕事をしています。


障害者福祉推進課

3種類ある障害者手帳(身体障害、知的障害、精神障害)制度の所管や障害者スポーツ及び障害者アートの支援等を行っています。
平成28年4月には「障害者差別解消法」や「埼玉県共生社会づくり条例」、「埼玉県手話言語条例」が施行されました。
当課では、障害のある人が障害のない人と分け隔てられることなく、地域の中で共に育ち、学び、生活し、働き、活動できる共生社会づくりの実現に向けて取り組んでいます。

この3つの課では、職場環境に改革がありました。
パソコンの無線化をし、職員の固定の座席をやめ、業務内容によって席を決めることとしました。
これにより、打合せや連絡がスムーズになりました。帰る時には机上を片付ける習慣がつき、ファイリングや整理整頓の技術も上がり、仕事の効率化が進みました。

1月26日 埼玉共助スタイル 

引き続き、仕事紹介セミナー【本庁編】の見学先をご紹介します。

共助社会づくり課

共助皆さんは「共助」という言葉をご存知でしょうか?
「共助」とは文字どおり共に助け合うという意味です。共助社会づくり課ではボランティア、地域活動の促進、NPOの支援、シニアの社会参加推進などの事業を行っています。市町村と一緒に仕事をしているのですが、埼玉県には63の市町村があり、それぞれに特徴があります。各市町村が抱える課題に対して一緒に悩み、解決のヒントを見つける。そして良い取組みを全県に広める。広域自治体、県ならではの醍醐味です。
最近では、アクティブシニアの地域デビューをサポートする「ちいきデビューひっぱりガールズ」の活動を始めました。県庁の枠を超えて、市町村職員や社会福祉協議会職員と一緒に活動しています。興味のある方は、下記ホームページをご覧ください。

1月24日 未来を拓く!

いよいよ仕事紹介セミナー【本庁編】が始まりました!
大雪という前代未聞の悪天候のなか、参加してくださった方、本当にありがとうございました。
参加できなかった方にも、ちょっぴり内容の報告をします。

高校教育指導課

埼玉県では、生徒が潜在的に持っている「学ぶ力」を有効に引き出すことができる学び「協調学習」に取り組んでいます。生徒自身で課題を解決していく能力を伸ばすアクティブラーニングは、ICTの活用でより効果的な学びが実現できます。
そこで、学びの改革担当では、県内約180の高校をつなぐ学校間ネットワークを管理しています。授業で活用する教材の共有を行うことができる情報交換サイトの構築などソフト面、コンピューター・タブレットなどのハード面の両面からICT教育環境の整備などを行い、生徒の学力向上に向け取り組んでいます。
協調学習について詳しく知りたい方は、リンク先をご覧ください。

1月15日 追加募集&女子会のススメ

仕事紹介セミナー【本庁編】&【出張編】に申し込んでいただいた方、ありがとうございます!
残念ながら申込みが間に合わなかった方に朗報です。
1月17日(水曜日)9時から、追加募集を行います!

さらに、現在申込み受付中の仕事紹介セミナー【出張編】ですが、女子会にまだ余裕があります!
是非、いらしてくださいね。
さいたまっち&コバトン

1月5日 明けましておめでとうございます!!

 

 

 

 

 

みなさん、明けましておめでとうございます。どんな新年を迎えましたか。

今日は年末分も含めていくつかご紹介!!

この年末年始の時期…忘年会や新年会があちこちで開催されています。
課やグループ、同期や友達、部活動なんかでも開催されています。
社会人年数を重ねれば重ねるほど、増えていく気がします。

写真は、オリンピック・パラリンピック課の忘年会の様子です。
なんとオリパラPR用に手持ちボードまで用意して…きっと楽しい会だったんでしょうね。

さて、県庁では、4日に「仕事初めの式」が行われました。
知事の年頭あいさつはもちろん、今年は埼玉県六校応援団連盟による演舞がありました。
今年も仕事頑張ろうって私たちも気持ちを新たにしました。
今年の「仕事初めの式」……実は採用試験担当にとっては、ただの式典ではありませんでした。


今年の司会は、採用試験担当の若手女子。本人は「噛んじゃった」と言っていましたが、素敵な司会でした。
課のメンバー総出で正面に座って、勝手に応援団して来ました。

過去のメッセージ

お問い合わせ

人事委員会事務局 任用審査課 採用試験担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 県庁第二庁舎3階

ファックス:048-830-4930