Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 人事・職員 > 採用情報 > 埼玉県職員採用情報 > 平成29年 先輩職員からのメッセージ > 先輩職員からのメッセージ(一般行政・一般事務 東 知央)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月13日

先輩職員からのメッセージ(一般行政・一般事務 東 知央)

埼玉県職員を希望する皆さんに対し、先輩職員からのメッセージです。

【一般行政・一般事務】

東 知央(あずま ともひさ)

医療整備課 地域医療対策担当(主事)(平成29年3月1日現在)

一般行政・一般事務 東知央 

異動歴

平成26年  4月採用 現所属

現在の仕事の具体的な内容を教えてください。

災害が起きた時に提供する医療体制を整備する仕事です。災害時には、全国各地から被災地に医療救護班を派遣する体制が整えられています。しかし、平成28年4月に起きた熊本地震では、熊本県のみならず各地から多くの支援が行われたものの、各被災現場の状況と上手くかみ合わず、医療資源を効率的に活用することができなかったと言われています。そこで、埼玉県が被災したときに備えて、病院や医師会、県等の各機関が連携して、医療資源(医療救護班等)を適切に配分することができるような「仕組みづくり」に、担当一丸となって取組んでいます。

職場の雰囲気を教えてください。

医療整備課は他の所属に比べて平均年齢が若く、私と年齢の近い職員が多く在籍しています。仕事でお互いに議論を交わし合うこともあれば、仕事終わりにお酒を飲みながら他愛ない話で盛り上がることもあります。
また、若手職員だけでなく、所属長や上司と仕事終わりにバレーボールやバドミントン、卓球といったスポーツを楽しみ、汗を流すこともあります。
もちろん仕事のことでは、厳しい意見をいただくこともあります。オンとオフがしっかり分かれていてメリハリのある職場です。

今までの仕事で印象に残っていること、大変だったこと、嬉しかったことについて教えてください。

印象に残っている仕事は、昨年11月に実施した「関東ブロックDMAT(※)訓練」という事業です。これは、関東地域の1都6県のDMAT隊が埼玉県各地に参集し、首都直下型地震などの大規模な地震が起きたときのことを想定して、実動訓練を実施するというものです。
訓練当日はDMAT隊員だけで500名程が埼玉県に参集します。そのため、訓練の段取りにミスがあると混乱を招く恐れもあります。埼玉県がこの訓練の幹事県でしたので、成功させることができるよう、時間をかけて、各都県の職員や医療機関、DMAT隊員の方々等と調整を重ねました。私は主に上司をサポートする形で参加しましたが、失敗が許されないというプレッシャーの中で、めったにない経験を積むことができたと感じています。この経験で培った調整能力などを、今後の業務に生かしていこうと思います。
※DMAT・・・災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team)
医師1名、看護師2名、業務調整員1名を基本として構成され、災害発生後概ね48時間以内に現場で活動できる機動性を持った、自己完結型の医療チーム。大規模災害発生時に傷病者の救命率の向上や後遺症の軽減を図るため、被災現場に出動する。

埼玉県を志望した理由又は埼玉県職員になってよかったと思うことを教えてください。

始めは「生まれ育った埼玉県で何か役に立つことがしたい」といったありきたりな気持ちで就職先を考えました。そして、いくつかの民間企業や各自治体の業務について調べ、自分が働くことをイメージしてみた時に、最も自分の気持ちに合致したところが埼玉県でした。
実際に働いてみると、県民にとって「何か役に立つもの」をつくり出すというのは、職員にとっては「常に成果を出していく」ことであると、強く感じるようになりました。
周りを見回すと、常に公務員として成果を出そうと取り組む上司、先輩、同期、後輩ばかりで、日々、刺激を受けています。埼玉県職員になって本当によかったと思っています。

今後チャレンジしたいこと、今後の目標について教えてください。

全く知らない分野の仕事にチャレンジしたいです。
医療整備課では、埼玉県における災害時医療や救急医療の現場の実態を目の当たりにし、これまでの生活ではあまり触れることのなかった世界を知ることができました。
今後も様々な分野の仕事に携わり、直面する課題にチャレンジしていきたいです。

スポーツや趣味など休日や余暇の過ごし方を教えてください。

東主事、山頂にて
埼玉県に入庁後、職場の先輩の影響で休日は山に登りに行くようになりました。ここ最近で印象に残っているのは、同期と登った谷川岳です。その日は天気に恵まれて、見渡す限りの絶景が広がっていました。おいしい空気を吸ってきれいな景色を見渡すと、日頃のストレスを忘れて清々しい気持ちになりますね。
県内の山にもよく足を運んでいます。私のおすすめは飯能にある棒ノ嶺です。比較的登りやすく、景色もよい山です。登山を終えた後には、地元の温泉に入ったり、グルメを楽しんだり、また新たな発見につながります。
山登り以外にも、家で友達とテレビゲームをしたりしてのんびり過ごすこともありますよ。

受験するにあたってのアドバイスがあれば教えてください。

筆記試験は勉強するだけ成果がでると思います。「もっと勉強しておけばよかったな」と後悔することのないようがんばってみてください。
一方で面接試験はがんばるベクトルが少し違うと思います。杓子定規な言葉を用意するのではなく、「日頃考えていること」「やりたいと思っていること」を自分の言葉でハッキリと伝えてみてください。意思疎通を図りながら業務を進めるということは非常に大切ですので、この時に培った、自分の言葉で伝えるというスキルは、入庁してからもきっと役に立つと思います。

埼玉県を目指す方へメッセージをお願いします。

東主事
県の仕事を通じて、「まったく知らなかった世界にいる人」や「自分は持っていない考え方をする人」など、さまざまな人に出会うと思います。自分の見識を広めながら、一緒に楽しんで埼玉県を盛り上げていきましょう。

お問い合わせ

人事委員会事務局 任用審査課 採用試験担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 県庁第二庁舎3階

ファックス:048-830-4930