Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 人事・職員 > 採用情報 > 埼玉県職員採用情報 > 採用担当からのメッセージ(平成28年12月~平成29年8月)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

採用担当からのメッセージ(平成28年12月~平成29年8月)

8月7日 研修

さて、今日のテーマは「研修」です。説明会などでは、参加者の方から「どんな研修がありますか?」という質問をよくいただきます。
それに対して私たちは、「公務員としての基礎知識の講義や、接遇研修のような必須の研修とか、プレゼンテーションのスキルアップみたいな任意研修など、いろいろありますよ。」なんてことを申し上げます。
今日ご紹介するのは一風変わった研修です。

 

 

 

 

 


この写真、農林部の新規採用職員の研修の様子です。なんだかわかりますよね。「田植え」です。
農林部は県の農林施策を扱う部署ですので、新規採用職員にも農作業そのものを経験してもらうというものです。

みなさんもやってみたくなりませんか?

8月4日 高校1年生!!

みなさん、こんにちは。
暑い日が続いていますが、採用試験担当は上級試験の面接試験の真っ最中です。皆さんも私たちも体調崩さないように気を付けましょうね。

さて、久しぶりのメッセージですが、説明会についてです。

先日県内の高校1年生が採用試験担当に説明を聞きに来てくれました。学校の授業の一環で、公務員の仕事の話を聞きたいとのことで、「県庁に行ってもいいですか」、と緊張しながら電話してくれたのですが、こちらもなんだかドキドキしてしまいました。
パンフレットにある埼玉スタジアム2002からいろいろと話を広げていったのですが…あ、2002年ってこの生徒たちが生まれた年だ、とショックを受けました…。
最後に「面白かった」と言ってくれて、ちょっと安心…

採用試験担当では、大学や高校での説明会や、民間企業さんの就職イベントなどに参加しています。キャリアセンターや先生からご要望があればお伺いしますので、ぜひご連絡ください。

6月5日 出張…!!

採用試験担当では、5月30日に上級試験の申込人数を公表しましたが、同じ日に、1次試験の会場となる伊奈学園総合高等学校・中学校と、多くの受験者が利用するニューシャトルに打クールビス1ち合わせに出張しました。クールビス2
高校では、当日の様子をあれこれ思い浮かべながら試験室を見て回ったんですが、まだ5月というのに…暑い!!
そこで、受験されるみなさんにお願いです。
ぜひ1次試験は無理にスーツで来ていただく必要はありません。
もちろん試験室はエアコンで温度調節をしますが、みなさんの熱気でどんどんヒートアップ…。
みなさんの体調のためにも、気温や室温の変化に対応できる服装などの軽装でお越しください。
また、当日はニューシャトルの臨時便が運行される予定です。
臨時便のダイヤは、確定次第、人事委員会のホームページでもお知らせします。確認してくださいね。

5月26日 これも一つのまちづくり

今日は採用試験担当Yが通勤途中に見かけた光景をご紹介したいと思います。交通安全
みなさんは、登校する小学生の交通安全のため交差点で黄色い旗を持っているボランティアの方々を見たことがありますか。
今日Yが交差点を渡る際にもボランティアの方がいらっしゃったのですが、ふと交差点の反対側を見ると、いつもいる方が今日はいらっしゃいませんでした。そこを3グループ20人ぐらいの小学生が渡ろうとしていました。すると、先頭を歩いていた高学年風の男子が、ボランティアの方のように交差点に立って、下級生を渡らせていました。さりげなく、当たり前のように、堂々と。そして、下級生が渡り終えると、待っている自動車にぺこっと頭を下げて、またグループの先頭に戻っていきました。もちろん、自動車の運転手の方々もクラクションを鳴らしたりせず、待っていました。
ボランティアの方も、運転している方も、もちろん子どもたちも、「安全に」という想いを共有している瞬間で、これも一つのまちづくりだと感じました。

埼玉県庁にも、防犯や交通安全を推進する課があります。どんな事業や活動を行っているか、詳しくは下記のホームページをご覧ください。

5月18日 とある説明会担当者の独り言

皆さん、こんにちは。5月9日の説明会にたくさんの方に来ていただきありがとうございました。当日の様子は、別ページで紹介しますので、ここでは、裏側をちょっとお伝えします!!
上級試験の申込期間中ですが、リラックスしてくださいね。

2月某日 とある大学説明会会場

来年度の5月の説明会、ん~どんなものをやろうかなぁ。
何か今までと変わったこと、違うことをやりたいなぁ。
うん、去年のアンケートを見てみよう。

3月某日 とあるビッグサイト

「職種別」「座談会」「人物像」「試験内容」の要望が多いなぁ。
会場をわけて、職種を分けてみるかなぁ。座談会は、何人か職員に心当たりがあるから来てもらおう。
人材像は…副知事のどちらかに語ってもらおうかな。そうなると会場を一つにしないと。試験内容は、何かスライド図でも作ってみて…

4月某日 とある歓送迎会

申込開始までもうちょっと。たくさん来てくれるといいなぁ。
あ、自分の説明スライド作らなきゃ。

4月某日 とある伊奈町のラーメン屋

あっという間に満員になってしまった!キャンセル待ちの連絡も多い…。来てもらいたいけど、会場のキャパがない…。どうしようかなぁ。
説明者のみんなは気合入れて準備しているみたい。

5月某日 とある誕生日ランチ

午前中の第1部は会場の移動があるけど、どういう反応があるかなぁ?
県庁の広さを感じてもらいたいのだけど、あえてこちらから言わないで、アンケートで反応を見てみようかなぁ。

5月某日 とある県庁講堂290518

あらあら、一番若い後輩と、一番年上のリーダーが緊張している…
声をかけましょうか
「参加者が楽しい説明会の条件は、こちらが楽しむこと。」

 

 

4月18日 受験案内の提供について

すでに一部の説明会等で申し上げていますが、今年度から警察事務を除く職種の受験案内は原則電子版(インターネット版)となります。パソコンを打つコバトン
ホームページには5月9日に掲載する予定ですが、昨年度のような冊子の配布はありませんので、ご注意ください。

また、試験の申込みも原則インターネットからお願いします。
どうしてもインターネットからの申込みができない方は、5月9日から15日までに必ず人事委員会事務局までご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

新年度スタート!!

桜が満開になりましたね。

民間企業さんの入社式のニュースを見ましたが、同じように、4月3日から県庁にも昨年度の採用試験で採用された「新規採用職員」(県庁ではシンサイと呼ばれています。)が緊張した面持ちで登庁していました。採用試験担当としては、シンサイの皆さんの新しいスタートを応援したいと思います。

さて、そんな採用試験担当9名のうち3名が異動し、3名が新たにやってきました。私たちの職場では毎年人事異動があります。つまり、同じメンバーで仕事をするのは1年限りです。
こちらは引継ぎの様子。県庁では、この時期の風物詩となる様子です。

引継ぎを行う職員の様子

一期一会…
このメンバーでしかできない仕事、新しいアイディア、楽しいイベント…

今年度も活気づく採用試験担当です!

 2月16日 【出張編】仕事紹介セミナー

【出張編】の最終回、2月6日、7日の様子をご紹介します。

教育局財務課の様子【教育局財務課】
財務課は、県立学校を運営するための経費や、学校・博物館等の施設を改修するための経費など、県内全ての教育施設の予算を管理する課です。たくさんの業務に携わっているため、職員も多いですが、仲良く仕事をしているそうです。話をしてくださったのは、県立学校に通学している生徒の授業料や奨学金等の制度の運営を担当している職員です。県民の方からの問い合わせも多く、中には難しい案件もあるそうですが、グループの仲間と協力して仕事にあたっているそうです。 

観光課で業務内容を説明する若手職員

 【観光課】
観光課の仕事は、国内はもちろん海外からの観光客を呼び込み、地域を活性化することです。こちらの女性職員はアニメを活用した誘客や県内地酒ツアーなどを、地元の市町村や企業と連携し企画しています。
また、本年度からインバウンド担当ができたとのことで、英語や中国語が聞こえてくる国際色のある職場を感じることができました。

 


企業立地課の職員【企業立地課】
セミナーのラストとなる訪問先は企業立地課でした。
埼玉県では県内産業の振興と雇用の創出のため、平成17年1月から企業誘致に本格的に取組み、12年間で工場や流通加工施設を中心に901件もの立地を実現しています。
今回はその企業誘致を担当している男性職員に説明していただきました。
県の幅広い業務を感じることができました。


企業立地課で説明をする職員また、もう一人は「国際経済担当」の女性職員です。
埼玉県では県内企業の海外進出を応援しています。タイにある埼玉県サポートデスクの立ち上げに携わり、思い入れがあるとのことでした。
地方自治体の埼玉県ですが、上海、タイやベトナムに現地サポートデスクを設けて、海外に目を向けています。

皆さん、ご存知でしたか?

 

 

(アンケートより)

  • お金の損得ではなく、各課が埼玉県を良くするように活動していることが分かった。
  • 今まで試験対策に目がいきがちでしたが、本日のセミナーで県のため、県民のために働くことがどういうことなのかを知り、より魅力を感じました。漠然としたイメージが、課の見学で鮮明になってきて、県民の生活を総合的に支える仕事という実感がわきました。  
  • 思った以上に自分の生活が県庁に支えられていることに気づきました。これからもっと周りを見渡してみようと思います。

埼玉県職員の仕事は、多種多様でとても紹介しきれませんが、少しでも知っていただけたら嬉しいです。
【本庁編】【出張編】は終わりましたが、3月7日から18日にかけて技術系職種を中心とした、
【face to face 相談編】【密着!地域機関編】と、さらに追加の【本庁編】を開催します。
今回の【本庁編】【出張編】に参加出来なかった皆さん!是非、ご参加ください!

2月14日 【出張編】仕事紹介セミナー

今日はバレンタインデー!庁内にも甘い香りがただよっているような気がします。
皆さんは楽しいバレンタインデーをお過ごしでしょうか?

今日は前回の予告どおり、2月2日に池袋で開催されたセミナーの様子をご紹介します。

グループワークをする参加者と職員こちらはグループワークの様子。
7つのグループに分かれて実際に起こり得る事例をテーマに自分が県職員だったらどうするかを考えていただきました。
自分の考えを発表したり、意見の違う参加者を説得するという貴重な時間となりました。

 


After Workでは3つのテーマに分かれて、質疑応答や体験談を伺いました。

女子会で質問に答える女性職員こちらは女子会の様子です。
現在、採用担当の女性職員が育休中のため、教育局から3名の若手女性職員が応援に来てくれました。参加者の皆さんは、産休や育休、そして復帰したときのことなど具体的な質問がされていました。仕事の関係だけでなく、趣味やスポーツ、受験体験談などいろいろな話題が出ていました。

 

 

(アンケートより)

  • 実際の職員が行っている業務内容をグループワークを通じて体験できたことで、とても勉強になりました。
  • 課題に対する対策の立て方が学べて良かった。また、他の参加者の意見が聞けて、自分では思いつかなかったことに気付けたので、とても良かった。
  • 自分の思いつかない意見を持っている方も多く、非常に刺激になりました。
  • 単なるデスクワークだけではない、職員の仕事や責務を考える良い機会になりました。

東京に在住、通学の方が多かったですが、遠いところでは秋田から参加者された方がいて驚きました。
寒い中、ありがとうございました!

2月10日 【本庁編】仕事紹介セミナー続報

 7日に【本庁編】仕事紹介セミナーが終了しました。中には真新しい就活スーツに身を包み緊張した表情の皆さんもいらっしゃり、採用試験担当としても新年度に向けて気持ちが引きしまりました。

さて、今日は30日、31日に見学した課の様子をご紹介します。

特別支援教育課総務・振興助成担当の職員【特別支援教育課】
課全体の業務内容、今後の課題などを伺いました。
「特別支援学校に通う児童生徒の保護者の経済的負担を軽減するために国が行う補助金の業務を担当しています。事務量が多い業務ですが、補助金を受け取るご家庭のことを考えて業務にあたっています。また、少子化と言われていますが、特別支援学校の児童生徒数は増加しています。それに伴う学習環境の整備が課題です。」
所属する職員の半数以上が教員ということで、職員室のような明るくアットホームな雰囲気の課でした。

 

地域包括ケア課地域包括ケア担当職員【地域包括ケア課】
「高齢者の尊厳のある暮らしを支えるための仕事です。」このフレーズから始まる情熱的な説明を聞くことができました。超高齢社会に対応するため、医療・介護・福祉などのサービスを一体的に提供する地域包括ケアシステムを市町村が構築できるように支援しているそうです。
地域包括ケアシステムについて詳しく知りたい方は、リンク先をご覧ください。
地域包括ケアシステム

 

社会福祉課施設指導・福祉人材担当職員

【社会福祉課】
県立の社会福祉施設や障害者のための歯科診療所の整備や管理などを担当する職員に話を伺いました。参加者から、「こんなことも県ではやっているんだ!」と驚きの感想がありました。
福祉制度は複雑で、法令が改正されることも多く、日々、勉強が必要とのことです。

 

 

(アンケートより)

  • 公務員というと事務作業のイメージが強かったが、その先にいる「県民」のために働いているということが分かり、印象が変わりました。
  • 想像していたよりも、はるかに話しやすい雰囲気で、良い職場であると感じた。
  • 思っていたよりも、公務員の仕事は熱いものだと感じました。何気ない日常は、多くの人の熱い思いによって守られ、つくられているのだと感じ、感動しました。

次は池袋で行われた【出張編】の様子をご紹介します!

1月27日【本庁編】県職員仕事紹介セミナー始まりました!

寒い日が続きますが、皆さんお元気ですか?
23日(月曜日)から【本庁編】県職員仕事紹介セミナーが始まりました。
これから参加予定の方もいるかとは思いますが、少しだけ様子をお伝えします。

【グループワーク】具体的な事例について実際に職員が行う仕事の疑似体験として、参加者の皆さんに解決策を考えていただきました。活発な議論が展開されました。

オリンピック・パラリンピック課の様子【オリンピック・パラリンピック課】
東京2020大会では、埼玉県でもサッカーやバスケットボールなどの競技が開催されます。それに向けて、県内の気運醸成に取り組んでいます。参加された方はSAITAMA PRIDEアンバサダーに任命されました。活気のある雰囲気を感じる職場でした。

 

 

家庭地域連携課で説明する職員【家庭地域連携課】
県立学校の事務から本庁に異動になった若手職員に仕事内容を聞くことができました。教育分野には学校の先生だけでなく、多くの人が関係し裏方で支えていることに驚きました。

 


 

エコタウン環境課で説明する職員の様子【エコタウン環境課】
エコタウンの概要や取組み、東北の震災を受けてこの事業が始まった背景などを聞きました。既存の住宅に太陽光発電や二重窓設置を促す取組みで、実際にモデル地区での省エネ効果は22.5%にもなったそうです。

 

 


(アンケートより)
  • 今までは、試験対策で頭がいっぱいで、職員として働き始めた後の姿が具体的にイメージできていなかったが、仕事をより生で感じることができた。
  • 行政がどのような仕事であるのかが具体的に想像できました。
  • 行政の仕事が、多くの当事者と調整しながら進めていくことが必要だと感じました。
  • パンフレットにある以上に課の数が多く、多様な仕事をしているのが分かった。

様々な担当課にご協力いただきながらセミナーは来週も続きます!来週はまた別の課を見学します。
参加される方は、どんな話が聞けるかお楽しみに!!



12月13日 仕事紹介セミナーこぼれ話

仕事紹介セミナーにご来場いただいた皆さんありがとうございました。
セミナーのページに当日の様子や参加者の声を掲載しました。

ここ、採用担当からのメッセージでは少し違った観点から3つのブースをご紹介します。

11301
J(左)、M(右)、R(正面)のブースで説明をする3人の職員。
実は2年前には、とある課で机を並べて仕事をしていました。

Jブースはオリンピック・パラリンピック課 おもてなし・気運醸成担当 主事(29歳)
11302
Mブースは広聴広報課 魅力発信担当 主任(33歳)
11303
Rブースは任用審査課 採用試験担当 主任(32歳)
11304
それぞれ所属も仕事もは変わりましたが、今も休日に旅行に行くなど仲良くしているそうです。
この日もみんなで飲みに行ったとか…
県庁内では、一度築いた絆が大きな力となります。
3人は年齢も経歴もバラバラですが、一緒に苦楽を共にした仲間です。
こんな素敵な仲間が出来るのも、県職員として働く魅力の1つです!

 

お問い合わせ

人事委員会事務局 任用審査課 採用試験担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 県庁第二庁舎3階

ファックス:048-830-4930