トップページ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > ほっとニュース > 県立学校ほっとニュース > 平成30年度 > 深谷商業高校 生徒が開発したどら焼き「ふっかちゃんの初恋」を文化祭で販売(県立学校ほっとニュース)

教育委員会

ここから本文です。

ページ番号:139330

掲載日:2018年10月25日

深谷商業高校 生徒が開発したどら焼き「ふっかちゃんの初恋」を文化祭で販売(県立学校ほっとニュース)

深谷商業高校が地元の和菓子屋「浜岡屋」に御協力をいただき開発したどら焼き「ふっかちゃんの初恋」を同校文化祭で200個を販売し、すべて完売しました。

「ふっかちゃんの初恋」は甘酸っぱい「青春の味」「初恋の味」をテーマにしており、餡に地元でとれたいちごとカルピスを使用し青春や初恋の甘酸っぱさを表現しました。

※深谷商業高校は県の次代を担う産業人材イノベーション事業の指定校です。今回の商品開発も、本事業の一環として取り組んでいます。

ふっかちゃんの初恋

「ふっかちゃんの初恋」は平成30年10月1日から浜岡屋で販売しています。

※商品は季節によって変更となる場合があります。こちらの商品を現在取り扱っているかどうかは「浜岡屋」にお問い合わせください。

文化祭での販売の様子

深谷商業高校の生徒と浜岡屋の若女将

深谷商業文化祭販売1

文化祭の来場者に販売する生徒たち

深谷商業文化祭販売2

参加した生徒の感想

  • 浜岡屋さんとの商品開発で、アイデアが思いつかなかったり、様々な苦労がありましたが、みんなで協力して真剣に取り組み、無事販売までたどり着き大変嬉しく感じています。浜岡屋さんの支えがあっての成功だと思うので感謝しています。
  • 高校生らしい斬新な発想ということで考えてきましたが、新しい商品を作り出すのは大変でした。今回、若女将と協力して良いものを作り出し、普段できない貴重な体験ができて良かったです。

担当教諭からのコメント

地域の商店と協力して商業高校生を育てられたら素敵だと思います。深谷商業高校はこれができる環境にあります。今回、新しい開発商品のアイデアを出すところから広報・販売活動に至るまでの一連の流れを、浜岡屋さんに実践を通して教えていただきました。学校の教諭だけでは教えられないことを地域社会と連携することで実現でき非常に感謝しております。

 

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?