トップページ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > ほっとニュース > 県立学校ほっとニュース > 平成30年度 > 寄居城北高生 ブータン陸上全国大会へ参加(県立学校ほっとニュース)

教育委員会

ここから本文です。

ページ番号:129699

掲載日:2018年5月21日

寄居城北高生 ブータン陸上全国大会へ参加(県立学校ほっとニュース)

寄居町で推進している「ブータン王国オリンピックチーム交流事業」において、寄居城北高校の生徒がブータンで行われた初の陸上全国大会に特別参加しました。

また5月14日に知事・教育長へ表敬訪問を行い、競技大会の結果や現地選手との交流について報告しました。

ブータンでの大会の様子

大会1 大会2 大会3

教育長表敬訪問の様子

表敬1 表敬3

参加した生徒の感想

ブータン初の陸上全国大会に特別に参加させていただき、とても貴重な経験になりました。言葉は違いましたが、スポーツを通して交流できたと感じています。400mリレーでは準優勝することもできて、よい思い出になりました。東京オリンピックに向けて、これからもブータン王国の選手の皆さんをたくさん応援したいと思います。

3年 小林 楓佳(こばやし ふうか)

陸上全国大会ということで、私たちも緊張して参加しました。結果は400mリレーと走り幅跳び、100m走で準優勝し、銀メダルや賞状をいただくことができました。ブータンの高校では、私たち城北高校や普段の生活の様子、寄居町の紹介などをすることもでき、皆さんと仲良く過ごすことができてとてもうれしかったです。

3年 山口 夏生(やまぐち かお)

校長からのコメント

寄居町が推進している「ブータン王国オリンピックチーム交流事業」の一環として、本校の生徒たちに貴重な機会を設けてくださりたいへん感謝しております。これまでも生徒会役員や陸上部の生徒たちが交流させていただくことがありましたが、今回は特別に現地での陸上全国大会に直接参加させていただきました。グローバル感覚や文化交流に係る意識向上等、様々な学びに結びつくすばらしい経験になったことと思います。本校の他の生徒たちにとっても、仲間の経験を刺激に東京オリンピック・パラリンピック2020や国際交流・国際貢献について幅広く興味関心を広げるきっかけになると思います。今後も地域に根ざした総合学科高校として、寄居町の取組に協力する中で、多くの子供たちの成長につなげていければと考えています。

校長 高野 庸夫(こうの つねお)

 

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?