Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月11日一般質問 岩崎宏議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 岩崎宏議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 岩崎宏議員)

医師の奨学金貸与者の県内就職状況

Q   岩崎宏議員(自民)

次に、県では埼玉医科大学の地域枠医学生奨学金や県医学生奨学金の貸与を通じて、県内の医療機関に長く従事してもらうことに取り組んでおります。本県の医師不足解消につながる意味のある奨学金であると思いますが、これまでに県の奨学金を受けた医学生はどのような医療機関や地域で従事しているのか、保健医療部長に伺います。

A   石川   稔   保健医療部長

埼玉医科大学に設置した地域枠奨学金制度は平成22年度から開始したため、貸与者が医師となって医療現場で従事するのは平成28年度からとなります。
一方、県外医学生奨学金制度は平成24年度からの開始ですが、早期に医師を確保する目的で5年生、6年生にも同時に貸与を行った結果、現在9名が医療現場で勤務しており、このうち2名は県北の病院で活躍をしております。
なお、奨学金貸与者につきましては、今後、平成28年度には21名、2025年問題が叫ばれる平成37年度には200名を超える者が、医師となって勤務する見込みでございます。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?