Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月11日一般質問 岩崎宏議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 岩崎宏議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 岩崎宏議員)

大雪被害を受けた農家への支援の進捗状況について

Q   岩崎宏議員(自民)

本年2月の大雪は、100年に一度の大雪とも言われ、関東地方一帯に大きな被害をもたらしました。県内では、3割以上の農業用ハウスが被災するなど大きな被害がありました。県では、国が発表した補助事業の活用を積極的に進め、ハウスの撤去や再建を希望される農家から寄せられた329億円もの事業要望をいち早く国に協議するなど、素早い対応を行っていただいております。
しかしながら、補助金がなかなか農家の方に交付されず、農家の方の不安感が増している状況でもあります。本県の対応としては、9月定例会における我が党の本木議員の質問に対する答弁で、職員の応援体制を強化し、一刻も早く補助金が届けられるように努力する、そして年内には支払いができるように対応していくとのことでした。今は12月であります。年内を補助金の支払いの期限とすると、あと3週間ほどになります。農家の方が安心して新年を迎えることができるのか、それとも補助金が申請どおり交付されないのではないかといった不安な気持ちを残したまま年を越してしまうのかは、大きな違いがあります。
さらに、国の支援策は今年度の単年のものでありますが、年度中のハウスの着工には予断を許さないという声も聞いています。資材や人材の不足感は徐々に解消されつつありますが、天候不順などの農家の方の不可抗力によりスケジュールが遅れ、年度内着工ができない可能性もあります。年を越してしまっては、あの大雪からもう1年がたつのにという思いも募ってきてしまいます。
そこで、年内までの補助金の支払いについて進捗状況はどうなっているのか、また、本年度中にハウス着工ができない場合の支援策は検討されているのか、農林部長にお伺いいたします。

A   高山次郎   農林部長

まず、補助金支払いの進捗状況についてでございます。
大雪被害のあった56市町村からは、既に撤去・再建を予定している3,430戸全ての農家から事業計画が提出されております。
この計画に基づく国、県の補助金は178億3,000万円となりますが、既にこのうちの99%に当たる176億8,000万円を交付決定しており、残りの1億5,000万円につきましても来年1月上旬には交付決定する予定でございます。
補助金の支払いにつきましては、これまでに交付決定した補助金のうち、すでに54億4,000万円が概算払請求に基づき県から市町村に支払われております。
農家への補助金は再建の進捗にあわせて支払われます。
このため、JA埼玉ひびきのでは、旧本店施設を作業員の宿泊所や現地事務所として提供し、再建作業が進むよう支援しております。
今後も、年度内に事業の完了が見込める部分について市町村から概算払請求がされ次第、速やかに補助金を支払ってまいります。
次に、今年度中にハウスが着工できない場合の支援策についてでございます。
再建の現場では、資材の供給に作業員の確保が間に合っていない状況が続いているため、被災した産地ではハウス再建に向けた努力と工夫が続けられております。
JAふかやでは、JAグループさいたまの協力を得てJA職員がパイプハウスの再建に乗り出しております。
また、JAちちぶでは、地元農家を作業員として雇用しパイプハウスの建て方研修会を実施するなどして直接再建にあたっております。
こうした農家や関係機関の努力によりまして、12月8日現在の再建状況は、再建完了が47.7%、再建中も含めますと64.8%となっております。
県では、農林振興センターの職員を先頭に市町村やJAをはじめとする関係団体と連携して、一日も早い再建に向けてできる限りの支援に努めておりますが、それでもなお、議員お話のように、資材・技術者の不足や天候などが原因で年度内の着工が困難な場合も想定されます。
このような場合には、補助金を来年度へ繰り越すことにより、申請された全ての農業用施設が確実に再建されるよう、全力で支援してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?