Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月11日一般質問 岩崎宏議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 岩崎宏議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 岩崎宏議員)

伝統文化・伝統技術の継承について

Q   岩崎宏議員(自民)

地域の伝統文化は、これまでは地元のお祭りなどを中心に地域のつながりの中で伝承されてきました。しかしながら、今では生活様式が多様化し、地域のきずなが希薄になってきてしまっていると感じられます。地域によっては、昔からの行事が継続できなくなってきているところもあります。地域の人口の減少なども大きな要因だと考えられますが、こうした伝統文化を守って地域のきずなを深めていくためには、教育の中で子供たちにも文化を伝えていくことが必要であると思っております。
また、伝統技術については、本県には先月にユネスコの無形文化遺産となった細川紙や国の伝統工芸品に指定されております秩父銘仙などをはじめとするすばらしい技術が残っております。しかしながら、これらの伝統技術は高齢者が支えているのが現状であり、近い将来失われてしまう可能性すらあります。次世代に伝統技術を継承していくことは、技術が残っている今のうちにすぐにでも取り組まなければならない課題であると思います。
東秩父村にある和紙の里では、細川紙がユネスコの無形文化遺産に登録される見込みとなってから来場者が増え続け、土産に和紙を買って帰る方や紙すき体験をされる方が大幅に増えています。東秩父村の方からは、細川紙が注目されている今がPRのチャンスであるという声を聞いております。次世代に伝統技術を継承していくことについて、正に今が重点的に取り組むチャンスであると考えております。
伝統文化や伝統技術は、地域と連携することで学校教育の中で学ぶ機会を増やしていくことはもちろんですが、学校で学んだというだけで終わらさせず、卒業後も興味を持って地域社会に参加し、文化や技術を引き継いでいこうとする人材を育成する取組も必要です。この取組は、郷土愛を醸成することにもつながります。これらについて、県教育委員会としてどのように取り組んでいくのか、教育長にお伺いいたします。

A   関根郁夫   教育長

議員お話のとおり、地域の絆が希薄になる中で、学校が地域と連携し、子供たちに伝統文化・伝統技術に触れる機会を増やしていくことは郷土愛を醸成するとともに、後継者の育成にも極めて有効と考えております。
現在、全ての小・中学校で地域の伝統や文化を学習しており、その中には、地域の方々の協力を得て「秩父銘仙」など地域に伝わる技術や「歌舞伎」、「神楽」などを学習し、その成果を発表している学校もございます。
また、高等学校では、例えば、秩父農工科学高校では部活動の一環として、また、寄居城北高校では学校が独自に設定している科目として、秩父屋台囃子について、地域の方々の協力のもと学んでおります。
さらに、学校教育で終わることなく、卒業後の社会人に向けた取組も重要でございます。
このため、県立歴史と民俗の博物館においては、広く県民向けに、藍染めや組紐など、埼玉の伝統的なものづくりの体験メニューを用意し、平成25年度には約3800名の方が、参加されております。
参加された皆様の中には、体験したことをより深めたいとのことから、県内の工房で藍染めをされたり、歴史と民俗の博物館の体験活動のボランティアとして子供たちを指導したりする方もいらしております。
また、県教育委員会では、伝統芸能の保存・継承に向け、県内の各地域で民俗芸能公開事業を毎年開催しており、今年は11月29日に、熊谷会館で県民の皆様に御覧いただきました。
今後とも、県教育委員会といたしましては、知事部局や市町村としっかり連携を図り、郷土を愛する気持ちを醸成する取組を進め、伝統文化や伝統技術を支える人材の育成に、積極的に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?