Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月10日一般質問 諸井真英議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 諸井真英議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 諸井真英議員)

羽生水郷公園の整備について

Q   諸井真英議員(自民)

次に、羽生水郷公園の整備について伺います。
県営羽生水郷公園は、地域の特性である豊かな水環境や水郷風景を生かした公園整備が進められ、県北東部を代表する観光拠点の一つとなっております。昨年度には公園北側の広場の整備が進められ、2ヘクタールが新規オープンしましたが、まだ未整備地が約16ヘクタール残っており、一刻も早い全面開園が望まれるところであります。
そこで、まず、羽生水郷公園整備の現状と今後の整備見通し、老朽化が目立つさいたま水族館の今後の整備状況について、都市整備部長にお伺いします。
次に、個々の問題について伺います。
水族館庭池において、今年2月から4月にかけ2度にわたり、計1,000匹を超える魚が水族館元職員によって大量に毒殺をされました。これらの魚は、餌付けをされ、人に慣れ、1メートルを超える大きな魚として、特に子供連れなどの家族に親しまれており、いわば水族館の目玉であっただけに、利用者から、特に子供たちからは落胆の声を伺っております。この池の魚がいない状態が続けば、水族館の来場数者、収入にも大きな影響は避けられないため、県としては早急に以前と同じ状況に復旧すべきと考えますが、今後具体的にどのような手順で魚を補充するのか、また今後の収入の見込みについて、お伺いをいたします。
また、広大な公園内をめぐるアトラクションとして、現在、3月から11月までの休日、カヌー体験とレンタサイクルが用意をされているところですが、公園内の舗装道路は幅が広く、全体に通っていることから、最近、日本国内でも越谷レイクタウン、長崎ハウステンボスなどいろいろな施設、公園等で活用され人気が出ている電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を公園内に導入し、有料レンタルで公園内をめぐるツアーなどを行い、公園アトラクションの目玉として位置付けたらいかがでしょうか。私も過去何度か、友人所有のセグウェイに乗ったことがありますが、体重移動のみで簡単に操縦でき、子供から高齢者まで楽しめる乗り物ではないかと感じました。公園来場者増加の起爆剤としての導入を強く望むところですが、都市整備部長の見解をお伺いをいたします。

A   秋山幸男   都市整備部長

まず、整備の状況と今後の見通しですが、この公園は水田の風景を基本に「身近な水辺の生き物と人との共生」をコンセプトとして、整備を進めてまいりました。
これまで、全体面積53.6ヘクタールのうち、約7割の37ヘクタールの供用を開始しており、全国的にも珍しい淡水魚水族館や水郷をイメージした池などを整備しております。
今後は、外周部の植樹や水路を渡る橋などの整備を行い、平成29年春の全面開園を目指してまいります。
水族館の整備につきましては、平成25年度からお客様をお迎えするエントランスの改修と特別展示専用建物の新築を進めており、平成27年度には完成する予定でございます。
次に、魚の補充と今後の収入見込みでございます。
補充については、生き残った魚や地元の愛好団体などからの寄附、また、購入したニシキゴイなど、現在約300匹を放流しております。さらに、平成27年度には、チョウザメなどの大型魚も含めて購入を考えているほか、地元羽生市の商工会青年部などの3つの団体からも寄附のお話をいただいております。
これらにより、来年度の早い時期にはかなりの回復を見込んでおります。
次に、今後の収入見込ですが、平成26年度は25年度の12月までに比べ約400万円の減収となっております。27年度は水族館の目玉となるえさやりを再開する予定ですので、収入は徐々に回復できるものと考えております。
次に、セグウェイの導入でございますが、この公園にセグウェイを導入することは魅力アップにつながると考えております。現在、セグウェイを導入している公園は全国に7箇所あり、輸入代理店などが運営を行っております。
御提案につきましては、運営に実績のある事業者から情報を収集し、導入に関する条件や課題の整理などを行い、導入について検討してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?