Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月10日一般質問 萩原一寿議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 萩原一寿議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 萩原一寿議員)

県道さいたま鳩ヶ谷線の整備について

Q   萩原一寿議員(公明)

県道さいたま鳩ヶ谷線は、さいたま市から川口市新井宿を通り、南鳩ヶ谷1丁目に至る国道122号線に沿って南北に走る道路です。トラックやバスなど大型自動車の交通量が多い一方で、道幅が非常に狭く、通学路にもなっておりますが、歩道がないために、雨の日などはとりわけ危険です。現在、拡幅や歩道の整備を順次進めているところでありますが、事業が着手して間もない箇所もあります。駅前であり、マンションなど沿線開発も進み、通行量も増えています。そのため、地元住民からは整備の早い進捗を望む声が上がっております。
先日開催された「川口宿鳩ヶ谷宿日光御成道まつり」で多くの見物客でにぎわった路線であります。周辺地域も赤山自然公園が3年後にオープンの予定で、新たな観光スポットになっていく可能性も秘めています。市内の道路の中でも、この路線の重要度が増しています。県道さいたま鳩ヶ谷線の整備の進捗状況と今後の見通しについて、県土整備部長のお答えを伺います。

A   柳沢一正   県土整備部長

県道さいたま鳩ヶ谷線は、川口市の市街地を南北に縦断する古くからの幹線道路でございます。
この県道の新井宿駅西交差点から県道蕨桜町線までの960メートル区間は、一部が通学路に指定されており、また、埼玉高速鉄道の新井宿駅に近接しているため、駅利用者など多くの歩行者や自転車が通行しております。
しかし、道路の幅員が狭く、歩道が未設置であることから、通行の安全を確保するため、現在、整備を進めているところでございます。
現在の進捗状況でございますが、新井宿駅西交差点からふれあいプラザさくら付近までの390メートル区間につきましては、用地買収率は82パーセント、工事進捗率は22パーセントとなっております。
また、ふれあいプラザさくら付近から浦寺交差点付近までの265メートル区間につきましては、本年10月に歩道整備が完了いたしました。
さらに、浦寺交差点付近から県道蕨桜町線までの305メートル区間につきましては、用地買収率は66パーセントとなっており、平成25年度に工事に着手したところでございます。
今後も、引き続き地元の皆様の御理解と御協力をいただきながら用地買収を進め、用地がまとまった箇所から順次工事を行い、早期に通行の安全が確保できるよう事業の推進に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?