Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月10日一般質問 萩原一寿議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 萩原一寿議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 萩原一寿議員)

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の埼玉会場の種目について

Q   萩原一寿議員(公明)

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定となり、約1年以上が経過しました。1964年以来の歴史的な祭典に、私は大きな期待をしております。埼玉で開催される競技として、サッカーが埼玉スタジアム2〇〇2で、ゴルフが霞ヶ関カンツリー倶楽部で、射撃が陸上自衛隊朝霞訓練場になることが既に予定されております。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、来年2月にIOC(国際オリンピック委員会)に基本計画を提出することになっており、いよいよ具体的な内容が明らかになっていくと思います。
先日、東京オリンピック・パラリンピックの競技会場の整備計画の見直しを進めている東京都が、バスケットボールやバドミントンの競技会場として江東区に建設が予定されている施設について、建設費や土壌汚染の処理に多額の費用がかかることから、バスケットボールはさいたまスーパーアリーナなどに会場を変更する方向で検討しているとの報道がありました。
バスケットボールは、国際バスケットボール連盟で登録されている数字によると、世界全体のスポーツの中で最も競技人口が多い約4億5,000万人であり、国内でも多くの人たちが楽しんでいます。さいたまスーパーアリーナは約2万人を収容することができ、既にアメリカNBAの公式戦も行われたこともあります。バスケットボールの世界的な大会の競技会場としては、国内屈指の屋内施設です。そこで連日、世界の一流選手が競技すれば、埼玉が一段と脚光を浴びるようになると思います。そして、本県のより多くの子供たちが世界のトップレベルの競技を直接見ることができる絶好のチャンスと考えます。
そこで、上田知事に質問ですが、2020年東京オリンピック・パラリンピックのバスケットボール競技におけるさいたまスーパーアリーナでの開催についてどのようにお考えか、お答えください。また、開催が決定した暁には、小中学生をはじめとする県民に対して優先的に席を確保していただきたいと思いますが、それについてもお考えをお答えください。

A   上田清司   知事

現在、東京都や大会組織委員会では、さいたまスーパーアリーナをバスケットボール競技会場の候補の一つとして検討しており、先般IOCのジョン・コーツ調整委員長も視察をされました。そういう意味では、内々のお尋ねから公式なものになったということであります。
さいたまスーパーアリーナは、これまでも2001年バスケットボール・ヤングメン世界選手権や2006年FIBAバスケットボール世界選手権の会場となるなど多くの実績がございます。
バスケットボール競技は御指摘にありましたように、国際競技連盟への加盟団体数が、2014年8月現在、世界の国と地域で214協会が加盟しており、サッカー競技の208協会を上回るなど世界でもメジャーなスポーツでございます。
さいたまスーパーアリーナが会場になれば、埼玉県を世界に発信できる素晴らしいチャンスではないかと思います。
会場に関しては、東京都や大会組織委員会がさいたまスーパーアリーナを有力候補として位置付ける段階になりました。県としては、最終的に要請があれば快くというか前向きに受け止めたいと考えております。
次に、開催が決定した暁には、小中学生をはじめとする県民に対して優先的に席を確保することについてでございます。
議員御指摘のように、トップアスリートのプレーを間近に観戦することは、将来を担う小中学生に大きな感動と夢を与えることになります。競技の運営やチケットの販売などは大会組織委員会が行います。
どういった方に優先的に席を確保できるかどうかなど、現在、大会組織委員会で検討中だと聞いております。IOCに提出された立候補ファイルには、「社会教育プログラムの一環として青少年の大会観戦を促す活動を行っていく」と書かれておりますので、多分に何らかの形でそういう枠組みができるものだと確信しているところでございます。
本県としても、会場自治体として一人でも多くの子どもたちにオリンピック・パラリンピックの素晴らしさを肌で感じていただけるよう大会組織委員会へしっかり働き掛けて、その席を確保していきたいと考えております。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?