Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月10日一般質問 柿沼トミ子議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(柿沼トミ子議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 柿沼トミ子議員)

旧騎西高校の跡地利用について

Q   柿沼トミ子議員(自民)

圏央道の県内開通が間近に迫る中で、県では、圏央道沿線における産業基盤づくりに取り組まれました結果、先日発表のあった株式会社ニトリをはじめ多くの企業立地が進むなど、地元経済の振興や新たな雇用の創出に大きな効果があったものと認識いたしております。
しかしながら、昨年9月の定例会でも取り上げさせていただきましたように、圏央道のみならず、県北あるいは群馬県、栃木の県境などでも産業団地整備が必要ではないかと考えております。
そのような中、私の地元であります東北自動車道加須インターチェンジ近くの北大桑地区につきましては、企業局におきまして今年度、道路、公園、分譲地等の詳細な設計や環境調査等を進めていると伺っており、地権者の交渉も順調に進んでいると伺っております。早期の実現をお願いするということでございますが、ほかに2つ、地元問題としてお願いをしたいと思います。
まず、旧騎西高校の跡地利用について、その後の検討状況をお伺いをいたします。
昨年の9月の定例会でも一般質問でお聞きをいたしましたが、旧騎西高校は敷地も広く、建物も十分に活用できるものでございます。東日本大震災の際に避難所として使用し、全国的にも有名になった旧騎西高校の公的な活用につきまして、是非県有施設として、現在ある機能を十分に生かす形で活用を図っていただきたいと考えておりますが、現在の検討状況につきまして教育長にお伺いをいたします。

A   関根郁夫   教育長

旧騎西高校は、東日本大震災により被災された、福島県双葉町の方の避難所として活用し、平成25年12月に全ての方が退所されました。
閉校前は、普通科と体育科を併設していたため、野球やサッカーで利用可能な2面のグラウンドや、耐震性が確保された2つの体育館、50mのプールを備えており、県民にとって大変貴重な財産です。
現在は、地元少年野球チームがグラウンドを利用しているほか、体育館では、2月の雪害後、県体操協会が熊谷ドームの器具を借り、大会を主催するなど、施設機能を維持させながら、暫定的に活用しております。
平成25年9月定例会での議員の御質問を踏まえ、これまで庁内で、施設上の制約、行政ニーズの掘り起こし、類似施設との競合など、解決すべき課題の洗い出しを中心に検討してまいりました。
また、地元加須市からは、合宿が可能な宿泊施設を備えた県民のスポーツ活動の拠点とできないかとの意向が示されたところでございます。
今後は、課題解決に向けて、新たに外部の有識者などから御意見をいただくことも視野に入れ、引き続き検討を進めてまいります。 

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?