Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月10日一般質問 柿沼トミ子議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(柿沼トミ子議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 柿沼トミ子議員)

自転車の安全対策について

Q   柿沼トミ子議員(自民)

埼玉県は、県民一人当たりの自転車の保有台数が日本一です。また、大規模自転車道の総延長が全国4位など、自転車王国埼玉と言えるほどです。
一方で、自転車の利用が多い分だけ、自転車に関係する事故が多く発生することも解決しなければならない問題です。市街地を見ますと、自転車が安全に走れる交通安全環境としてはいかがでしょうか。自転車レーンは、まだ町の中で極めて少なく、歩道を歩行者と自転車が一緒に通行している状況です。
交通ルールでは、自転車は車道の左側を通るのが原則であり、歩道は本来歩行者のためのものです。しかし、現実は若者のスピードを上げた危険な自転車が歩行者の間を縫うように走ったり、挙げ句の果てには、どけどけと言わんばかりにベルを鳴らすなど、マナーを欠いた通行を多く目にいたします。また、ひとたび事故が起これば、自転車利用者自身も加害者にも被害者にもなります。特に高齢者は、死亡に至るリスクが高いと考えます。自転車事故多発県埼玉にならないための年代に応じた対策を講じるべきですが、その対策について警察本部長にお伺いをいたします。
また、市街地での自転車レーン等自転車通行空間の整備状況と更なる推進に向けた取組について、県土整備部長にお伺いをいたします。

A   杵淵智行   警察本部長

埼玉県内の自転車の関係する交通事故は減少傾向で推移しているものの、昨年の自転車乗用中の死者は42人で全国ワースト2位であり、自転車側の約8割に一時不停止や安全不確認など何らかの違反があることから、自転車利用者の安全意識の高揚を図ることが重要であると考えております。
県警察では、一人で自転車で出かけることが多くなる小学4年生児童、自転車通学が多くなる高校生、自転車事故死者の約6割を占める高齢者というように世代の特性に着目して、事前に指導教養し、筆記と実技試験の合格者に免許証を交付する「自転車運転免許制度」を実施しております。
このほかにも、小学生や高齢者を選手とする自転車大会の開催、中学、高校生にはスタントマンによる自転車事故の再現を盛り込んだ交通安全教育、更に大学や企業への注意喚起など、あらゆる世代に対する指導啓発を実施しております。
また、自転車の基本的なルールである「自転車安全利用五則」を「5song(ごそんぐ)」という歌にし、特に子供達に伝わりやすいよう、人気子役を歌い手に起用するなどして、12月6日に発表したところであり、今後の広報啓発活動に積極的に活用してまいります。

A   柳沢一正   県土整備部長

誰もが安心・安全に通行できる道路環境を創出するためには、歩行者、自転車、自動車、それぞれの通行位置を明確に分けることが重要でございます。
このため、県では、平成25年度から既存の道路幅員の中で自転車レーンの設置や歩道内での通行位置を明示する「自転車すいすい55プラン」を計画的に進めているところでございます。
まず、整備状況でございますが、これまでに約14キロメートルが完成し、平成26年度は約13キロメートルの整備を進めております。
次に、更なる推進に向けた取組でございますが、市街地における安全な通行の確保のためには、国道、県道、市町村道が連続した自転車ネットワークの整備が必要であると考えております。
県では、自転車レーンなどの整備に関して活用できる制度や先進事例などの情報を共有し、理解を深めていただくため、平成25年度に国、県、市町村と警察が参加する情報交換会を設置しております。
今後、この情報交換会を通じて、国、県、市町村、警察が連携し、市街地での自転車通行空間の整備が進むよう取り組んでまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?