Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月9日一般質問 山下勝矢議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(山下勝矢議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文( 山下勝矢議員)

ウーマノミクス ~女性に魅力的な職場環境づくり~

Q   山下勝矢議員(自民)

 近年、様々な場面で活躍する女性が増えております。学問を修め、知識を養い、人格を磨き、社会で働く人材として女性が活躍することは、日本にとっても大変喜ばしいものであります。以前、テレビの特集で出産を機に大手アパレルメーカーを退職した女性の話が紹介されておりました。子供が小学生になり、以前と同じアパレル業界での再就職を希望したものの、勤務条件が合わずかないませんでした。そこで、アパレル業界ではなく、これまで培ってきたスキルやキャリアを生かせる仕事を広く求めたところ、現在の会社と出会い、彼女はブランド戦略などのクリエイティブな仕事を任されており、生きる場所がまた見つかった、楽しくてしようがないと輝いておりました。これは好事例であり、多くの女性にとって自分の持つスキルが生かせる再就職をかなえることは、なかなかハードルが高いように思えます。
私は、埼玉県は人口も多く、こうした高い能力を持った女性が能力を眠らせたままの状態でたくさんいるのではないかと思っております。例えば、語学や営業など高いスキルを有することは比較的高収入に結び付く可能性があります。また、ウェブデザイン、編集などのクリエイター、企画やイベントのプロモーションなども同じことが言えます。こうしたクリエイティブな仕事は、女性の感性が生かせる仕事として魅力的なものであると考えます。こうした女性を積極的に活用することは、企業にとっても新たな価値を創造できるチャンスだと考えます。
私は、東京都や埼玉県と比べた場合の埼玉県の弱さというのは、女性が活躍できるクリエイティブな職場の層の薄さであると思います。女性が魅力を感じる職場づくりは、埼玉県に計り知れないメリットを与えてくれます。近年、女性が住居の選定の決定権を握っているそうであります。女性は職場と住所が近い職住近接を好むと言われております。したがって、女性が活躍できる職場の創出が県の居住人口を増やしていくことにもつながっていきます。
そこで、企業において女性に選んでもらえるような職場づくりをどのように進めていくのか、産業労働部長にお伺いをいたします。

A   山中   融   産業労働部長

多彩な視点や能力を持つ女性が活躍することは、企業や社会に付加価値をもたらすとともに女性自身の生きがいにもつながると考えます。
女性が魅力を感じる職場づくりのため、2つの視点から取り組みます。
まず、第一に女性が就業を継続できる働きやすい職場づくりです。
女性が働きやすい企業を「多様な働き方実践企業」として普及に努め、これまで1、298社認定しています。
子育てなどで時間に制約のある方も柔軟に働けるよう、短時間勤務やフレックスタイムの取組を延べ605社が実施しています。
また、今年度は社会保険労務士などを企業に派遣し、女性が働きやすい職場環境づくりへの支援も始めました。この中には、学校行事や子どもの病気などに対応できるよう、時間単位の有給休暇制度を新たに設けた企業もあります。
第二に、女性が能力を発揮できる働きがいのある職場づくりです。
コンサルタントを企業に派遣し、女性の持つ豊かな感性や創造性を引き出し、女性の活躍の場を広げる取組を支援しています。
具体的には、女性社員によるプロジェクトチームを作り、新商品の企画や商品展示の演出などのアドバイスを行っています。
このほか、子育てなどで外で働くことが難しい女性向けに、昨年度から在宅ワーカーの育成に取り組み、これまで約1、000人の参加がありました。
在宅ワークにはホームページやポスターのデザイン、記事の作成などクリエイティブな仕事もたくさんあります。得意な英語とフランス語を生かしレストランのメニューづくりなど翻訳で活躍している人もいます。
今後とも、意欲ある女性が生き生きと働けるよう魅力ある職場づくりを進めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?