Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月9日一般質問 小久保憲一議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(小久保憲一議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(小久保憲一議員)

鳩川の改修及び県道岩殿岩井線の改良について

Q   小久保憲一議員(自民)

私の地元鳩山町の中央部を東西に流れ、越辺川に合流する鳩川は、県が管理する一級河川ではありますが、越辺川との合流部付近が未改修であり、平成11年8月の洪水で浸水被害に見舞われております。ひとたび台風などの大雨になると、雨水が民家に流れ込み、住民の生活環境に大きな支障となっております。
一方、鳩川の未改修区間に架かる重郎橋とその前後の県道岩殿岩井線は、急カーブで見通しも悪い上に歩道もなく、歩行者にとっても非常に危険な状況でございます。鳩山町は鉄道の駅もなく国道もないため、県道が生活や産業の大きな支えになっており、その中でも町の東側を通り南側を抜ける県道岩殿岩井線は、地域住民にとってかえがたい基幹道路となっております。
そこで、鳩川の改修と重郎橋を含む県道岩殿岩井線の道路改良の今後の見通しについて、県土整備部長にお伺いいたします。

A   柳沢一正   県土整備部長

鳩川は、お話にもございましたとおり、国が管理する越辺川との合流点から上流約200メートルの区間が未改修となっております。
また、県道岩殿岩井線の重郎(じゅうろう)橋は、鳩川の改修に合わせて架換える計画であり、橋を含めた前後の520メートルの道路改良が未着手となっております。
鳩川の改修と県道の改良は、国が進めている越辺川の改修と一体的に実施することが効率的であることから、これまで県と国及び地元鳩山町で実施時期などについて調整を図ってまいりました。
しかし、平成25年度に、越辺川の改修にはしばらく時間を要することが明らかとなったため、県が鳩川の改修と県道の改良を先行して実施することで、国及び鳩山町と合意に至りました。
平成26年度は、鳩川の改修にあたり必要となる越辺川との合流点付近の測量や設計を実施いたします。
今後、鳩山町の御協力をいただきながら、鳩川の改修及び県道岩殿岩井線の改良の推進に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です.
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?