Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月8日一般質問 鈴木正人議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(鈴木正人議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(鈴木正人議員)

実質賃金の上がる施策について

Q   鈴木正人議員(刷新の会)

今まで様々な施策を展開し、県内経済を活性化させ、雇用の場を増やしてきた企業誘致や次世代産業の育成支援を更に強化することによって、名目賃金だけでなく、実質賃金の向上にまで県の施策として持っていくことは、実際問題可能なのでしょうか。建築現場での人手不足解消を安易に外国人技能実習制度に頼らなくとも、日本人のフリーターやニートだった若者雇用をすれば企業に何らかの支援をする制度を設けるだとかいろいろ考えられますし、あるいは想像すらしなかった新たな発想による施策もあるかもしれません。
埼玉から国に向けて、様々なアイデアで通商産業政策の地方分権化や埼玉モデルの成功を全国に発信してきた上田知事に、実質賃金の上がる施策について自治体レベルで有効策があるのかも含めてお伺いをいたします。

A   上田清司   知事

現在の名目賃金のアップにとどまらず、実質賃金の上昇で景気回復を実感できるようにしていくには、短期的な金融緩和や財政政策だけでは困難な状況が出ております。
企業の収益が上がり雇用や賃金が増えるという経済の好循環を実現するためには、中長期的な競争力や生産性を高めるための施策の実行が不可欠であります。
成長力を引き上げ、実質賃金の増加につなげていくことが重要であります。
そこで、本県では県内経済のより高い成長、さらに日本経済の再生につなげようと「通商産業政策の地方分権化」の実現を図っているところでございます。
「産業を興(おこ)し雇用を創出する」視点で次世代産業、先端産業分野への参入や海外展開に対する支援を重点的に進め、本県経済の持続的成長を成し遂げるものでございます。
12月4日の毎日新聞のインタビュー記事で、建設機械メーカー、コマツの坂根正弘(さかねまさひろ)相談役は、「どこかがトップランナーとして走り、それを他に波及させるしか成長を実現できる道はない。」などと述べておられます。
私もそのように思っております。
本県の先端産業創造プロジェクトはまだ成長の種をまき始めた段階ですが、将来の埼玉経済のけん引役をしっかり育てていくつもりです。
一方、生産性が低い中小・小規模企業のイノベーションにこそ大きな可能性があり、自治体レベルでそのことを支援することが非常に有効であります。
例えば、経営革新計画であります。新商品や新サービスの開発や販路開拓など、経営や技術支援を行って中小企業の成長をサポートしております。企業の成長が賃金のアップにつながるからです。
中小企業庁の調査では、経営革新計画を終了した企業の付加価値目標を達成した割合は53.2%と一般企業の約3倍になっています。
また、電気料金の負担が増え、さらに円安による輸入価格の上昇で原材料や仕入れ価格の負担が増えている中小企業や物価上昇の影響を受けている家庭に対し、省エネや創エネで光熱費の負担を軽減させることも重要です。こうした取組も実質賃金のアップと同じ効果をもたらします。電気代が1万円安くなれば、実質的に賃金が1万円アップすることにもなります。
例えば、企業の省エネ推進を図るESCO(エスコ)事業や住宅用省エネ設備の導入支援などがそうです。
さらに、高度な人材育成も賃金アップにつながります。グローバル人材育成や高等技術専門校、県立職業高校での技術者育成などを拡充することも有効な施策と言えると思います。
こうした効果的な取組を更に加速して、県内企業の業績アップや事業の拡大を図って、雇用が増え賃金が上がる好循環の実現のために県も一役買いたいと思います。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?