Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月8日一般質問 中野英幸議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(中野英幸議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(中野英幸議員)

都市計画道路中央通り線について

Q   中野英幸議員(自民)

川越市は年間観光客630万人を超える県内有数の観光地でありますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのゴルフ競技が川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催されることを受け、更なる観光客誘致を図っていく必要があると考えます。しかしながら、蔵造りの町並みや菓子屋横丁、時の鐘などの観光スポットと西武新宿線本川越駅を結ぶ中央通り線には、多くの観光客が安全に移動するための十分な歩道幅員がありません。この道路を整備されますと歩行者にとって快適で安全な歩行空間が確保されるとともに、駅前通りの活性化が図れるなど大きな効果が期待されております。
そこで、県により進められております中央通り線の本川越駅前から連雀町交差点までの拡幅事業について、現在の進捗状況と今後の見通しについて、同じく県土整備部長にお伺いをいたします。

A   柳沢一正   県土整備部長

この道路では、本川越駅前から連雀町交差点までの308メートル区間において、まちづくりと一体となって道路を整備する沿道区画整理型街路事業を進めております。
現在の進捗状況でございますが、用地につきましては残る1件の契約が調い、平成26年度内に全ての用地取得が完了する見通しとなりました。
工事につきましては、平成26年度に下水道など占用物件の移設工事に着手したところでございます。
また、この事業では景観に配慮した整備を行うこととしており、現在、電線類地中化の詳細設計を進めるとともに、地元のまちづくり委員会の御意見を伺いながら歩道や道路照明灯などのデザインの検討を行っております。
今後も引き続き、土地区画整理の施行者である川越市や占用物件の管理者と調整を進め、占用物件の移設完了後、道路拡幅工事に着手し、事業の推進に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?