Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月5日一般質問 福永信之議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(福永信之議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月16日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(福永信之議員)

消防団の育成について

Q   福永信之議員(公明)

東日本大震災において被災地の消防団は、自らも被災者であったにもかかわらず、水門等の閉鎖、住民の避難誘導、救助、消火、避難所の運営支援、行方不明者の捜索、御遺体の搬送など、実に様々な活動に従事なさいました。テレビに映し出された救助・捜索活動の主役は、自衛隊員や警察官でしたが、実は真っ先に現場で身を挺して動いたのは消防団員であり、自衛隊や救急車の車両が走行できるよう、道路のがれきを撤去されたのは建設業の皆様であったことを忘れてはなりません。
こうした活動の中で、消防団員、命を失った方は250余名に上ります。その約6割は、住民の避難誘導や広報活動のさなかの死でした。今後改善しなければならない課題です。同時に、最後まで住民に寄り添う消防団員スピリットの表れを見た思いがいたします。
しかし、かつて全国で200万人を超えていた消防団員の数は、現在約88万人です。本県の消防団員の人数は、この5年間14,200人台で推移しています。持ちこたえています。しかしながら、条例定数である15,371人の充足率は92.88パーセントです。どうすれば消防団員をもっと増やすことができるのか。鍵を握るのが女性です。
女性消防団員は本県に509名、町では神川町の18人を筆頭に、松伏町とときがわ町が13人、毛呂山町と杉戸町が12人、川島町が11人で、これが上位です。しかし、9つの市はゼロ、11の町もゼロ。20の自治体でゼロです。人口比を考えると、こうした現状では、女性消防団員の育成に本県が取り組んでいるとは言えないと思います。
そこで、危機管理防災部長より、女性消防団員の育成と消防団員の条例定足数を満たすことに今後どう取り組まれるのか、明快な御答弁をお願いします。
最後に、男性の消防団員は、隔年で開催される本県の操法大会を目指して技術を磨いています。しかしながら、本県は女性消防団員の操法大会を開催していません。任意に、その年の全国大会に出場する消防団を決めているだけです。これでは張り合いがありません。次回からきちんと開催しますという明快な御答弁をお願いします。

A   小島敏幸   危機管理防災部長

まず、女性消防団員の育成と消防団員の条例定足数を満たすための県の取組でございます。
社会のあらゆる分野で女性が持てる力を発揮していただくことは重要であり、消防団においても同様でございます。
女性消防団員には、高齢者や女性、子供などに対するソフトで細やかな配慮が期待でき、火災予防や応急手当の普及啓発、災害時の避難所の運営支援などにおいて大きな力となります。
去る11月に開催された全国女性消防団員活性化大会では、都道府県の代表の中から選ばれた松伏町女性消防団員が火災予防啓発劇を披露し、埼玉の女性消防団員の実力を全国に示しました。
総務省消防庁の平成25年4月1日現在の調査によれば、消防団員に占める女性の割合は全国平均の2.4%に対し、本県は3.4%、全国第6位でございます。
本県では、この5年間で新たに17の消防団に女性が加入しておりますが、女性がいない消防団を解消するには更なる取組が必要であります。
先日、県内全ての消防団長と意見交換する機会がございましたので、私から直接、消防団への加入促進、とりわけ女性の増員についてお願いをいたしました。
県では、今後も市町村と共同で女性をターゲットにした広報活動を拡充・強化するなど、女性の加入促進、消防団員の条例定数の充足に繋がるよう積極的に努めてまいります。
次に、本県での女性消防団員操法大会の開催についてでございます。
全国女性消防操法大会は、総務省消防庁と公益財団法人日本消防協会が主催し、本県代表は埼玉県消防協会が選考・決定しています。
これまで女性のみでチームを編成できる消防団が限られていたこともあり、県内予選は実施されていませんでした。
全国大会を目標に競い合い、代表が決まるのが本来の姿であり、また、県大会を開催することは切磋琢磨による規律の確保や技能の向上に繋がります。
さらに、女性が消防団に加入するきっかけになることも期待されます。
本県の女性消防団員は、この5年間で172人増加し、女性のみでチームを編成できる消防団も増えてまいりました。
女性消防団員による埼玉県操法大会が開催できますよう、県として市町村や消防団、県消防協会に強く働き掛けてまいります。

   

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?