Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月5日一般質問 福永信之議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(福永信之議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月16日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(福永信之議員)

予定価格算出の在り方について

Q   福永信之議員(公明)

小児医療センターの新築工事が不落だったことは記憶に新しいところです。ともかく本県の大型工事案件は、まともな予定価格をはじいたのかなと言いたくなるような事例が多いです。
直近の事例を挙げます。今年の7月14日開札された大宮警察署の統合庁舎新築工事です。7社が応札しました。1回目の結果、7社のうち3社が34億円前後でした。一番低いところから二番目は30億6,800万円、これは群馬県の建設会社が親となっているJVです。最低の金額は30億4,000万円、こちらは私の地元川越にも近い警察署の新築工事も受注した県内企業です。どうしても受注したかったんだと思います。でも、それだけ下がっていても、予定価格超過で不落でした。2社によるダンピング合戦も、不落で終わりました。その後、直ちに二回目の入札を行ったんですが、7社のうち5社は辞退です。付き合ってられない、こんなダンピング合戦に加わっても赤字をしょうだけだということで、この5者は本県の建設工事を相手にしませんでした。二回目の入札価格は30億1,900百万円と29億8,600万円。それでも不落でした。最終回の入札は、この30億1,900万円の県内業者も辞退です。1社だけの入札になりました。透明性のかけらもありません。この会社が29億7,400万円で応札しましたが、これも不落でした。予定価格は28億4,400万円だったんです。一体どういう価格なんでしょうか。
3か月後の10月16日に再入札されました。一回目に応札した七者のうち、5社はもう応札しません。あきれちゃったんです。でも、新たに3社が加わってくれました。その3社のうち、2社は33億円台でした。結果は、県内に本店を置くもう一つの新しい会社が28億8,000万円で落札しました。知事と御一緒に二度にわたってベトナムを訪問した、よく御存じの会社だと思います。低入札などで知られています。予定価格は29億7,200万円。でも、11月13日、この会社で別の不適正なことが発覚したため、県は契約を締結しないことにしました。毅然とした態度をとられたことを評価します。
当局に事情をお聞きしますと、知事部局の基準に従って積算し、予定価格を決めたのですが、WTO案件のため、積算してから入札公告、順番に行って、入札まで4か月かかった。その間に資材が高騰したので、ずれが生じたのではないかという回答でした。こんな説明を聞かされる側は、たまったものじゃありません。現場は生きています。資材の値上がりは、4か月間待ってはくれません。積算の時点から、開札まで4か月かかるんだったら、その間の建設資材や労賃の上昇分を踏まえた予定価格に変動させる仕組みをどうして考えておかなかったのでしょうか。それが仕事ってものでしょう。
知事に御質問いたします。一連の経過をお聞きになって、予定価格の算出について、建設資材や労務賃金の実勢価格の値上がりをきちんと反映できる仕組みをお作りになるお考えはありませんか。県内業者の育成、適正な利益の確保という観点に立った上で、前向きな御答弁をお願いします。

A   上田清司   知事

予定価格の基になる設計金額の積算に当たっては、実勢価格を適切に反映させるように努めているところでございます。
このため、資材単価については、年に2回全面的に見直しをおこなっております。
加えて、コンクリートや鉄筋など22種類の主要資材については毎月価格を調査し、見直した価格に対し一定の変動があった場合、その都度改定をしております。
また、設計労務単価については、国が定めた単価を準用しており、国が改定した場合には速やかに適用しております。
議員お話のように、積算から開札まで長期間を要する場合には、資材価格の高騰などにより設計金額と実勢価格に乖離が生じ、不調・不落の発生につながっていくものと思っております。
御質問の中では、WTOに該当する大規模な建築工事が紹介されました。
特に、こうした工事では、資材単価や設計労務単価の変動を、より注意を払っていかなければなりません。
この価格変動の度合いや開札までの期間をどう判断するかの基準については、今後検討を加えてまいります。
その上で、実勢価格と設計金額の乖離が見込まれる場合には、再度積算を行い、実勢価格が適切に予定価格に反映されるように努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?