Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年12月定例会 > 平成26年12月定例会 > 12月5日一般質問 井上将勝議員 > 平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(井上将勝議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月16日

平成26年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(井上将勝議員)

 

土砂災害警戒区域の早期指定を

Q   井上将勝議員(民主・無所属)

今年の夏は、すさまじい大雨が全国各地で猛威を振るいました。特に、8月20日に広島県で発生した土砂災害は、多くの死者、行方不明者を出すなど被害が甚大でありました。避難が間に合わないほどの、経験したことのない大雨であったことから被害が拡大しましたが、それに加えて、その地域が土砂災害防止法に基づく警戒区域指定がされていなかったことや、それ以前に、その場所が土砂災害危険箇所であるということすら周知されていなかったということも、被害拡大の大きな要因となりました。
土砂災害警戒区域に指定されれば、市町村はハザードマップの作成など警戒避難体制を整備することが義務付けられ、宅地建物取引業者は、重要事項説明として警戒区域に指定されている旨、説明することなどを義務付けられることになります。更に危険度の高い地域は特別警戒区域に指定され、特定の開発行為には知事の許可が必要とされ、建築物の構造が規制されます。
県民の命を守るためには、県内で土砂災害のおそれのある区域を早期に警戒区域に指定し、県民に警戒を呼び掛け、その安全を担保するシステムを充実させなければなりません。本県でも、土砂災害の発生のおそれのある危険箇所が4、219か所あり、このうち約7割超は既に土砂災害警戒区域の指定がされております。残る3割、これには私の地元さいたま市見沼区も含まれておりますが、これらの箇所については、平成28年度を目標に区域指定を進めていくと伺っております。
しかし、ここ最近の異常とも思える天候不順を鑑みれば、いつこれまでの計測を大きく超えた大雨が降り、甚大な被害が生じてもおかしくないことから、目標より早期の指定を目指していくべきと考えますが、県土整備部長に御所見をお伺いをいたします。
また、現在指定を進めていく中で、一部の市町村からは、地価が下がる、過疎化が進んでしまうとの理由から、指定に反対する声も上がっていると伺っていますが、そういった市町村にはどう働き掛けていくのか。県民の命を守るという緊急の最優先事項であることを考えれば、場合によっては県が反対を押し切ってでも指定をする必要があると考えますが、同じく県土整備部長の御所見をお伺いをいたします。
さらに、その場所が危険箇所であることは、仮に指定を受けた後であろうとも、定期的に住民に周知し、災害に備えるよう情報提供を徹底すべきと考えますが、情報発信の今後の取組についても併せて県土整備部長に御所見をお伺いをいたします。

A   柳沢一正   県土整備部長

まず、目標より早期の指定を目指していくべきではないか、についてでございます。
県内には土砂災害危険箇所が4、219箇所あり、このうち、これまでに3、240箇所の土砂災害警戒区域を指定しております。残る箇所につきましては、調査が完了した箇所から、順次、区域指定を進めております。平成28年度末までの指定完了を目標としておりますが、1日でも早く全ての箇所の区域指定を完了できるよう努めてまいります。
次に、指定に反対する声に対してどのように働きかけ、指定を進めていくのか、についてでございます。お話にありましたように、地元説明会での様々な意見に配慮して市町村から反対の意見書が出される場合がございます。一方で、平成26年8月に広島市で発生した大規模土砂災害後、区域指定に反対していた市町村に対し、再度意見照会をしたところ、複数の市町村から指定に前向きな回答をいただいております。引き続き、地元説明会において、土砂災害が発生した場合の危険性や区域指定の必要性をねばり強く説明するとともに、市町村に対してもご理解いただけるよう努めてまいります。
次に、情報発信の今後の取組についてでございます。土砂災害から命を守るためには、お住まいの方々が、土砂災害のおそれのあることを認識し、日頃から備えをしていただくことが重要でございます。そこで、土砂災害警戒区域に指定した箇所については警戒区域図を、警戒区域の指定が済んでいない土砂災害危険箇所については危険箇所マップを、それぞれ各戸に配布しております。また、毎年県と市町村が連携して防災訓練を実施しておりますが、加えて、市町村に対して、担当者会議の場などを通じて、警戒区域や避難に関する情報を住民の方々に定期的に周知するよう助言してまいります。
今後とも、県民の命を守るため、土砂災害警戒区域の早期指定に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?