Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (田村琢実議員)

知事の政治問題について

Q 田村琢実議員(自民

平成14年3月、知事は衆議院予算委員会の鈴木宗男議員に対する証人喚問において、鈴木氏の政治資金収支報告について厳しく追及をされております。内容は、鈴木氏の政治資金収支報告書について、鈴木氏が「細かい点は分かりません」と述べたことに対し、上田知事は「会計責任者が秘書か誰々であるとかいうことではなくなったんです」と述べ、鈴木氏の答弁に「歯切れが悪くなりましたよ」と、政治資金収支報告書の記載内容について執拗に追及をしております。そういう知事ですから、政治資金収支報告については、自身で責任を持って臨んでいるものと推察をいたします。
ここに、知事の関係政治団体収支報告書がございます。3団体存在し、各団体3年分あります。清友会と埼玉政経フォーラム、そして埼玉を日本一にする県民の会であります。これら政治団体は、全て事務所所在地が同一であり、会計責任者及び事務担当者も同一名となっております。このうち、埼玉を日本一にする県民の会は、平成24年2月、平成25年2月、平成26年2月に前年の政治資金収支報告書が提出をされております。
しかしながら、当該団体の代表者は、知事がお別れの会で弔辞を述べたことと思いますが、平成24年9月にお亡くなりになっており、以後の収支報告に代表者名が記載されているのは、政治資金規正法上の虚偽記載となります。このようないいかげんな収支報告を提出しているようでは、内容もいいかげんと推察できます。政治資金規正法では、記載事項の変更があった場合には7日以内の届出を義務付けております。また、虚偽記載は、法第24条で罰則対象となります。知事、知らなかったとは言わせません。会計責任者が秘書であるとか誰々であるということではなくなっているのです。
更に付け加えますと、会計責任者は知事の秘書をしておりました現職の東京都議会議員であります。公職にある者が関与している収支報告でありますので、虚偽記載に関する知事の政治的責任についてお伺いをいたします。
また、知事は、マニフェスト2003において、「埼玉県取引企業からの献金は受け取りません。」と豪語し、企業とのしがらみ、癒着をなくし、政治倫理の確立を図ることを明言しておられます。そして、マニフェストの進捗状況では、「企業献金は一切受け取っておりません。」と明記しております。しかし、そんなものは評価に値しません。政治資金規正法では、個人の政治団体への企業献金は禁止をされており、受け取ることができません。当たり前なのであります。
そこで問題となるのが、禁止されていない個人献金であります。知事が受け取っている個人献金の寄附者を拝見すると、埼玉県取引企業の代表者や役員の名前が多く見受けられ、知事の明言しているしがらみ、癒着をなくし、政治資金の確立が図られていないように感じられます。
誤解をされると困りますので言わせていただきますが、私は、個人献金を否定しているわけでも、埼玉県取引企業の代表が献金をしてはいけないと言っているわけではありません。知事のマニフェストや発言に、そごや欺瞞が生じていることを問題にしております。
そこで、伺います。埼玉県取引企業の代表役員からの個人献金について、上田知事の御所見をお伺いいたします。

A 上田清司 知事

質問項目がただ「政治問題について」ということでしたので、早口の質問でしたので、全て私がお答えできるかどうか分かりませんが。
まず、日本一の会の代表者がお亡くなりになっているではないか、ということで虚偽記載ではないかという御指摘をいただきました。
確かに内容を見る努力をしているつもりですが、表紙までよく見ていなかったと、私の不徳の致すところだったと思っています。
これについては、代表者の異動届を速やかに選挙管理委員会に提出して収支報告書の修正をしたいと思います。
それから、個人献金の中に県との取引企業の代表者が見られるではないかということについての知事の所見を伺うということでございます。
個人献金は法律で禁止されておりませんし、個人の資格で一生縣命応援をいただいているという認識の中で政治資金として受け取り、そしてそれを活用している事実として、適法に処理されていると私自身は思っておりますので、特段このことで何か曲げるとか、特に何かを変えるとかいうことはございませんので、御心配は御無用であると思います。

再Q 田村琢実議員(自民

もう一つですね、知事の政治資金収支報告書の虚偽記載の問題ですが、私は、すみません、早口で質問をした関係で申し訳ないですけれども、知事の政治的責任を聞いているんです。この政治資金収支報告書というのは、知事が鈴木宗男証人のときに追及したように、政治家本人が責任を持って提出をしなきゃいけない重要な報告書なんであります。そこを、表まで見ていませんでしたから責任はとりませんという問題ではないと思うんですね。そこについて、知事、鈴木氏に予算委員会で「歯切れが悪くなりましたよ」と言っていますけれども、知事自身が歯切れが悪くなっている状況について、知事、明確な政治的責任があると思いますので、御答弁をいただきたいと思います。
また、個人献金については、私も適法だと思います、知事の政治献金は。しかし、知事が言っている企業献金は受け取れませんというものの、詭弁であり、そごが生じていることについて知事の認識を聞いていますので、そのことについて御答弁をお願いいたします。

A 上田清司 知事

それから、先ほど私は責任をとりませんなどという言葉は一言も申し上げておりません。
確かに死亡なさっていることについて、大変申し訳なく思います。
その言葉が足りなかったことはお詫びしたいと思います。
故意とか何か特別にやったわけではなくて、まさに記載上のミス、これはまさに間違いのないことでありますので、私の監督責任があるということでございます。
このことについては潔く受け止めたいと思います。
それから、企業献金を受け取りませんということを、私はマニフェストで述べておりますが、まさに企業献金は受け取っていない、個人献金を受け取っていると。
なにかそのへんでゴチャゴチャしているとは私は全く思っておりませんので、これも御理解ください。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?