Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成27年2月定例会 > 平成27年2月定例会 代表質問・一般質問 質疑質問・答弁全文 > 平成27年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (山川百合子議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (山川百合子議員)

古綾瀬川の改修について

Q 山川百合子議員(民主・無所属

私の住む草加市は、全域が標高が低く平らな土地で、これまでも台風や大雨の際に浸水被害に見舞われてきました。市の東部を流れる古綾瀬川沿いにおいても、同様に浸水被害が発生している状況です。このため、これまでに県により河道の改修や排水機場の建設などを積極的に進めていただいています。現在は、古綾瀬川下流部の稲荷、松江地区において、堤防のかさ上げ工事などが実施されております。地元では、この工事の早期完成を心待ちにしております。そこで、まず、この地区で実施されている河川改修の現状と今後の見通しについてお伺いをいたします。
次に、東京外郭環状道路の北側、青柳、八幡町地区に架かる古川橋周辺の古綾瀬川の改修についてです。この橋は、現在、架換えが完了しており、利用者にとっても大変使いやすく、利便性が向上し、喜ばれております。しかし、古川橋から古綾瀬川を眺めると、橋の付近が未改修となっています。そこで、古川橋周辺の河川改修の現状と今後の見通しについて、併せて県土整備部長にお伺いをいたします。

A 柳沢一正 県土整備部長

まず、稲荷・松江地区の河川改修についてでございます。
この地区では、綾瀬川との合流点に毎秒10立方メートルの排水能力を持つ古綾瀬川排水機場が平成18年度に完成しております。
現在は、綾瀬川との合流点から上流600メートル区間の堤防嵩上げ工事を進めており、これまでに560メートルの工事が完了しております。
平成27年度は、引き続き、左岸側の40メートルの堤防嵩上げ工事と樋管の改築工事を進めてまいります。
次に、古川橋周辺の河川改修についてでございます。
古川橋は平成24年度に架換えが完了し、平成25年度からこの橋の上下流90メートル区間において、両側に川幅を広げ、護岸を整備する工事を進めております。
これまでに橋の下流左岸側の50メートルの工事が完了し、平成27年度は、上流左岸側の40メートルの工事を進めてまいります。
今後とも、地元の皆様が安心して暮らせるよう、順次工事を進め、古綾瀬川の改修の早期完成に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?