Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (藤林富美雄議員)

「ひきこもり地域支援センター」の設置と訪問活動を中心とした支援策について

Q 藤林富美雄議員(公明

内閣府によると、「ふだんは家にいるが近所のコンビニ等には出かける」「自室からは出るが家からは出ない」「自室からほとんど出ない」の3パターンを合わせた狭義のひきこもりは推計で23万6千人。これに「ふだんは家にいるが自分の趣味に関する用事のときだけ外出する」を加えた広義のひきこもりは69万6千人に達すると言われており、本県においては約3万9千人との推計がされております。また、全国ひきこもりKHJ親の会の調査によれば、ひきこもりの開始年齢が横ばい傾向にあるものの、平均年齢は上昇傾向にあり、ひきこもりの高年齢化が進んでおり、年齢が高くなるほど支援が難しくなるとのことであります。
さらに、ひきこもり問題は当事者だけでなく、家族の問題でもあります。ひきこもりの子らを抱える家族は将来不安とともに孤立感を深めやすく、負担が重いと同時に親にとっては残された時間との闘いであり、大変深刻な問題であります。家族支援の必要性も求められております。
こうした背景の中で、厚生労働省は平成21年からひきこもりに特化した一次相談窓口として、ひきこもり地域支援センターの設置促進を図っているところであります。今では各都道府県・政令市に設置が進められ、52自治体56か所で設置され、平成27年には5か所以上で設置される予定と伺っております。また、ひきこもり当事者や家族からの多様な相談にきめ細かく対応することを狙いとして、ひきこもり状態にある人への支援希望者を同センターがひきこもりサポーターとして養成し、市町村が主体となり派遣する事業展開も図られていると伺っております。
このひきこもり対策については、平成24年12月議会で取り上げたところであります。このときの答弁は、民間団体や市町村と連携し、必要な体制や支援策の充実について協議する場を早急に立ち上げ、当事者や家族のニーズに沿った効果的なひきこもり対策を進めていくとのことでありました。
改めてお伺いをいたします。本県におけるひきこもり地域支援センター設置の見通しと訪問活動を中心とした支援策への具体的な今後の取組について、保健医療部長にお伺いをいたします。

A 石川 稔 保健医療部長

まず、ひきこもり地域支援センターの設置の見通しについてです。
これまで、地域支援センターの運営主体やその在り方などについて、ひきこもり支援団体や家族会などから成る支援連絡会議において検討を重ねてまいりました。
その検討の中で、ひきこもりの長期化を防ぎ早期解決を図るためには、中学・高校段階での相談体制を手厚くする必要があるとの意見を数多くいただきました。
また、状況の変化に適切に対応する柔軟な支援体制を維持するためには、支援のノウハウを持つ民間団体に委託することが有効であるとの意見もいただきました。
このような意見を踏まえ、現在、若年層のひきこもり支援にノウハウを持つ民間団体に委託する方向で調整を行っております。
地域支援センターの設置に関しましては、国との事前協議が必要であるため、平成27年度内の開設を予定しております。
次に、訪問活動を中心とした支援策に向けた具体的な今後の取組についてでございます。
ひきこもっている人は、相談会場に出向くことが難しい場合が多いことから、家庭への訪問活動は有効な支援策の一つになると考えます。
一方で、自宅に他人が訪ねて来ること自体に抵抗を示し、却って訪問を依頼した家族との関係が悪化するケースもございます。
訪問活動は、準備段階での情報収集を周到に進め、じっくり時間をかけて当事者やその家族との関わりを深めながら、訪問の時期などを慎重に判断して行う必要がございます。
県は、昨年度ひきこもり支援団体の御協力をいただき、ひきこもりからどのようなきっかけ、あるいはどのような経緯を経て社会復帰できたか、具体的なケースを事例集にまとめ、ひきこもりに悩む皆様にご活用いただいております。
また、現在、ひきこもり経験者やその家族が直接家庭訪問し、悩みや相談に応じる訪問サポート事業を行っているほか、当事者同士が悩みを共有し交流する集いの会も開催をしております。
県といたしましては、今後とも、こうした事業を通して様々なノウハウを持つ民間団体等と連携・協力し、一人でも多くの方が社会復帰できるよう、しっかりと取り組んでまいります。 

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?