Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (高木真理議員)

新たな県立中高一貫校の設置について

Q 高木真理議員(民主・無所属

これから人口減少が確実に予想される日本において、一人一人の人材の貴重さは更に増してきます。この点において、未来の人材を育成する教育の重要性はますます増すばかりであり、これについては論を待たないと思います。しかし、一方で、この国では格差が拡大し、世帯収入が子供の進学にも影響を与える傾向が強まっています。
そこで、本県における中高一貫校の新たな設置について伺いたいと思います。
いわゆるトップ校の位置付けの中高一貫高が、首都圏では東京、神奈川、千葉ともに設置されています。本県だけありません。しいて言えば、さいたま市立浦和中高がそれに当たりますが、さいたま市在住者以外に受験資格は与えられていません。もちろん伊奈学園が唯一の中高一貫校として個性を伸ばしつつ、充実した教育を実践していることは評価します。また、伊奈学園中学校設置の条例制定時の平成14年に、議会から「以降の中高一貫校の設置には慎重であるべし」とする附帯決議が委員会で上がっていることも知っています。しかし、ゆとり教育がスタートした平成14年に出された決議は、これだけ公立中高一貫校のある程度の実績と評価が定着し、ゆとり教育も転換された今日、見直しがあってもよいと思います。
当時、中高一貫教育は私立のものだから公立ではもうやるなとも読める決議の審議の際の提案者からの答弁がありますが、中高一貫教育のメリットは世帯収入が高く、私立校の授業料が払える家庭の子供にしか享受できないでよいのでしょうか。収入の少ない家に生まれても望めば公立の中高一貫校で学び、難関大学を目指していけるそうした体制を本県でもつくるべきではないでしょうか。
もちろん中学受験という形で、受験勉強の低年齢化を招く弊害への配慮は必要です。伊奈学園でも入試問題の是非はこの議場でも議論になっていますが、一般的に全国で展開している公立中高一貫校の入試においては、適正検査という形で受験知識によらない試験が行われています。試験は過度で不毛な競争を生まない工夫をしつつ、中高一貫の柔軟なカリキュラムによって多様な学びや、進学で力を発揮する子供を育てていってはいかがでしょうか。そして、本県の県立トップ高校がすばらしい卒業生を輩出することによって本県の評価を高めているように、中高一貫のトップ校を設けることは埼玉県の価値を高めることにつながると考えます。教育長に御所見を伺います。

A 関根郁夫 教育長

併設型中高一貫教育校である伊奈学園中学校は、中等教育全体の多様化、弾力化の一環として、能力・適性に応じた個性を伸ばす教育の一つの選択肢として設置したものでございます。
6年間を見通した教育活動により、個性の伸長に取り組み、生徒たちは充実した学校生活を送っております。
例えば、生徒が少人数に分かれて民家に宿泊し、様々な活動をする修学旅行、自然体験研修や職場実習など、体験することや、本物に触れることを重視した取組を行っております。
生徒、保護者の学校に対する満足度も大変高いなど、一定の成果をあげているところでございます。
議員お話しのとおり、保護者の経済的な状況にかかわらず、全ての子供たちが、その能力と適性に応じて、将来の道を切り拓いていけるような環境を、教育の場で整えていくことは大切なことと考えております。
このことから、県立高校では、生徒50人をハーバード大学へ10日間派遣することをはじめとして、将来生徒が大きく飛躍するチャンスとなるような事業に積極的に取り組んでおります。
一方、伊奈学園中学校の設置に当たっては、平成14年6月議会において、「効果や成果を十分に検証するなど、慎重な対応が求められる」との附帯決議をいただいております。
このため、新たな県立中高一貫校の設置については、今後とも、成果や課題についての検証を継続しながら、慎重に対応してまいります。
 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?