Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 代表質問 質疑質問・答弁全文 (吉田芳朝議員)

性犯罪被害者救済・ワンストップ支援センターについて

Q 吉田芳朝議員(民主・無所属

埼玉県は、性犯罪被害者の方への支援について、現在、武蔵浦和合同庁舎において県、警察、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターが連携、協力して、被害者のニーズに応じた途切れのない支援を実施しているところであります。また、アイリスホットライン等、性犯罪被害者のための専用電話相談等も行っています。こういった活動に対しては、心から敬意を表す次第であります。また、埼玉県、警察、犯罪被害者支援センター、産婦人科医会の4者での協定も結ばれております。
しかしながら、長年こういった活動に携わる方々のお話によれば、埼玉県の現状では限界があり、病院拠点型等、医療機関連携のワンストップ支援センターの設置の必要性を強く説かれています。
そもそも、性的事件の警察への被害申告率は平成20年の犯罪白書によれば13.9パーセント程度であり、強姦事件に限れば、わずか3.7パーセントでしかありません。内閣府の調査によれば、誰にも打ち明けなかったとしている方は67.9パーセントにも上ります。つまり、最終的には警察の皆さんの力により性暴力をなくしていくことではありますが、被害者にとって何よりも大切なことは被害直後からの急性期医療をはじめ、二次被害防止のための支援や精神的なカウンセリング等の対策、とりわけ医療面での支援であります。
現在は、武蔵浦和の施設や電話で相談ができたとしても、同じ話を医療機関で更にしなければなりません。中には、複数の看護師の前で話ができず、帰ってきてしまったという話なども伺っています。また、産科医の先生の中でも、性犯罪被害者の治療は時期が微妙であったり、医療行為にリスクが多く、取扱いを嫌うケースもあるとお聞きしております。被害者にとって一番重要なのは、まずは医療的ケアなのであります。そして、精神的カウンセリングなのであります。医療機関を含めて話をするのは一回が精いっぱいなんであります。全国的に見ても、民営も含めれば東京や千葉、大阪、兵庫、愛知、和歌山等、既に病院拠点型センターを設置していますし、北関東においても群馬や栃木でも病院拠点型のセンターが設置予定となっております。
そこで知事にお伺いいたしますが、やはり性犯罪被害者のための施設は警察を中心とした相談センターではなく、医療面に重きを置いた医療拠点型施設であり、また、現在の四者協定のみならず、精神科医会や弁護士会等を含めた様々な団体への働き掛けが必要かと思われます。医療拠点型ワンストップ支援センターの設置に向けた知事の力強い意気込みをお聞かせください。

A 上田清司 知事

議員御提案の「医療拠点型ワンストップ支援センター」は、産婦人科医療、相談や支援のコーディネートが一か所で提供できるなど、被害者の心身の負担軽減に寄与する優れたシステムだと思います。
しかし、医療拠点型ワンストップ支援センターとすると、県内各地に居住する被害者に迅速な支援を行うためには、相当数のセンターを作らなければならないと思います。
県内で産婦人科医が不足している中、各センターに必要な産婦人科医や相談員を確保することは、現在の状況の中では困難ではないかと考えます。
そこで県では、県、警察、犯罪被害者援助センターと産婦人科医会の四者が緊密に連携し、性犯罪被害者支援を行う仕組みを構築し、併せて性犯罪被害専用相談電話アイリスホットラインを開設しております。
具体的には、県下251の産婦人科医療施設で受診されますと、被害者の希望により、アイリスホットラインや警察などにつながれ、その後の支援のコーディネートが行われることになっています。
また、受診前にアイリスホットラインや警察へ電話相談をいただいた場合には、医療施設を紹介し希望に応じ支援要員が病院への付き添いも行い、場合によっては本人に代わって医師等(とう)に説明を行う支援も行っております。
さらに、弁護士会や精神保健福祉士協会などとのネットワークを活用し、継続した相談を希望する被害者の方には、各団体が提供する適切な支援を受けていただく体制となっております。
現在のところは、現行のネットワークを活用した支援制度のより一層の充実を図るとともに、あらゆる機会を利用してこの制度の周知を行っていきたいと思います。
今後、産婦人科医の拡充の状況を見極めて「医療拠点型ワンストップ支援センター」の設置は検討しなければならないと思います。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?