Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 代表質問 質疑質問・答弁全文 (吉田芳朝議員)

教員の確保について

Q 吉田芳朝議員(民主・無所属

まず、新採用教員についてお伺いをいたします。
現在、教員の大量退職の状況が続いております。退職者により教員が不足すれば、新規採用を行い、補充していくことが必要になります。しかしながら、各市町村の状況を見てみますと、まだまだ臨時的任用教員で対応しているケースが多く見られております。臨時的任用教員の確保について、市町村教育委員会はその候補者を探すためにかなり苦慮をしている状況だと聞いております。実際に、私が学校現場から聞いた話では、臨時的任用教員が勤務している学校は、配慮等が必要な児童生徒の指導や学校の教育活動における課題解決を継続的に行おうとしても、一年間の臨時的任用では対応できない状況にあるということであります。
そこで、より多く新規採用教員を採用していただき、継続的な指導体制を整えていただければ、市町村教育委員会の苦労も軽減されると思いますが、教育長の御見解を伺います。
また、年度当初だけでなく、急な病気休暇や介護休暇、出産する教員のための代員など、年度途中で臨時的任用教員を必要とする状況も多くなっていると聞いております。市町村教育委員会にとって、年度途中に新たな臨時的任用教員の候補者を探すことも大変なことであります。県教育委員会も、もちろん一緒に探していただいているということは存じております。このような中、代員となる臨時的任用教員の確保を円滑にするために、例えば現行60歳までの方となっているのを65歳までの方でも採用できるようにするなど方策をとれば、市町村教育委員会も県教育委員会もずっと探しやすくなるのではないでしょうか、教育長の御所見をお伺いをいたします。

A 上田清司 知事

まず、「新採用教員を確保し、継続的な指導体制を整えること」についてでございます。
議員御指摘のとおり、教員の大量退職期にあって、退職や欠員により必要となる教員を、正規の教員で補充していくことは大きな課題であります。
このため、県では、質の確保を図りながら、新規採用教員を最大限確保するとともに、経験豊富な再任用教員も積極的に採用しており、ここ数年、臨時的任用教員数は減少の傾向にあります。
今後とも、新規採用教員の確保に努め、継続的な指導体制を整えられるよう、取り組んでまいります。
次に、「臨時的任用教員の確保」でございます。
急な病気休暇や介護休暇などの代員として、年度の途中において、臨時的任用教員を確保することが難しい状況がございます。
現在、県では、首都圏はもとより、東北、九州の大学などの教員募集説明会の際、臨時的任用教員の登録も働きかけております。
また、県教育委員会のホームページや広報誌での臨時的任用教員の募集や、教員の経験のある方への声かけなど、臨時的任用教員の確保を行い、市町村教育委員会を支援しているところでございます。
議員からは、65歳までの方でも採用できるようにする、との御提案がございました。
県といたしましては、この提案も踏まえ、必要となる臨時的任用教員を確保し、採用を行ってまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?