Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月31日

平成27年2月定例会 代表質問 質疑質問・答弁全文 (小谷野五雄議員)

産業基盤と雇用の場創出のための開発許可について

Q 小谷野五雄議員(自民

県内を横断する圏央道、首都圏中央連絡自動車道は、平成27年度に県内全線の供用が開始される見込みで工事が進められております。圏央道の県内全線供用開始には、県内には新しい人の流れ、物の流れが生まれると思います。当然、地元の市町村では圏央道を活用したまちづくりをいろいろ考えていると思います。企業立地による産業基盤を確かなものとし、地域における雇用の場を確保し、まちの発展を描いております。
一方、ここで地元で一番問題となっているのが開発許可の農地転用の問題であります。企業から立地の打診があっても、許可が下りるまで相当な時間を要し、スピードを重視する企業誘致に支障が出ているのが現状であります。
こうした中、1月下旬、国は農地転用の許可について全国知事会や全国都道府県議長会などの地方六団体の意向を取り入れ、許可権限の見直しに関して閣議決定し、関連法案の改正案を開会されている通常国会に提案することとなりました。改正案では、これまで4ヘクタールを超える農地転用の許可権限が農林水産省であったものが、国と協議の上、都道府県知事又は農林水産省の指定を受けた市町村が都道府県知事と同じ権限を持てることになりました。2ヘクタールから4ヘクタールまで、国との協議を廃止し、都道府県知事と農地転用の権限が国から地方への移譲とされることになります。これにより開発がスピーディーになり、県内経済にも好影響を与えることになると私は思っております。
一方、地域の開発の責任は地方が負うことになります。今後は、交通の利便性を生かし、圏央道沿線に多くの開発や事業所立地が見込まれます。開発か農地基盤の確保か、地元市町村も連携し、明確なビジョンを持つことが大切だと考えます。知事のこれについての考えはどうでしょうか。
一つ、ここで提案があります。先日配布された平成27年度当初予算の概要では、新規事業として産業用地開発の促進が盛り込まれております。先端産業への立地ニーズと産業用地開発の積極的な市町村の開発ニーズとマッチングを図る事業とのことです。圏央鶴ヶ島インターチェンジ脇には、熊谷市に移転する農業大学校の広大な土地が存在しております。県は、この予算の目玉事業として、先端産業創造プロジェクトを推進していく考えです。私は、この農業大学校の跡地を将来の埼玉県の産業基盤の礎、そして地域における雇用の源、そして次世代産業の先端産業の誘致先として、是非活用をしていただきたいと考えておりますが、知事のお考えはいかがでしょうか。

A 上田清司 知事

圏央道沿線地域には豊かな田園地帯が広がっており、環境保全や優良農地の確保も必要な地域でありますので、開発には田園環境と調和した秩序ある土地利用を誘導することが必要であります。
このため、県では既に平成18年に「田園都市産業ゾーン基本方針」を定め、地元市町との協働による産業基盤づくりを積極的に進めております。
この結果、13地区288ヘクタールの産業基盤づくりが進められており、順次企業が立地しております。
このたび、農地転用に係る権限移譲が実現することとなり、事務処理の期間が短縮される一方で、都市的土地利用と農業的土地利用との調和を図っていくうえでの地方公共団体の責任が重くなっています。
この責任を果たすためには、まずは、地元市町村が将来を見据えたビジョンを持ってまちづくりに取り組むことが必要であります。
また、県は土地利用や産業振興、雇用の確保など県全体のバランスを考え、開発か農業基盤の確保かを適切に誘導しなければなりません。
私はこのようなことを基本的な考え方として、地元市町村を主導したり協働しながら埼玉県全体の発展を図りたいと考えております。
次に、農業大学校の跡地の活用についてでございます。
4月に移転する農業大学校の跡地は、圏央道の圏央鶴ヶ島インターチェンジに隣接した約40ヘクタールの貴重な土地でございます。
圏央道の県内全線が開通しますと、この土地は東北道ともつながることで、首都圏と西日本、東日本を結ぶまさに交通の要衝に位置することになります。
物流や大型商業施設であれば一発で決まります。
しかし、御指摘のように、将来にわたって埼玉県の産業をけん引し、雇用の拡大につながるような、まさに裾野が広がるような先端産業・次世代産業を視野に入れてこの立地にはしっかりと検討していきたいと考えております。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?