Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成27年2月定例会 > 平成27年2月定例会 「公社事業対策特別委員長報告」

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月30日

平成27年2月定例会 「公社事業対策特別委員長報告」

委員長 鈴木 弘

公社事業対策特別委員会における審査経過の概要について、御報告申し上げます。
本委員会に付託されております案件は、「公社事業の経営・見直しに関する総合的対策」であります。
今回は、「公社における改革の取組について」の審査対象公社として、「公益財団法人いきいき埼玉」、「公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団」及び「社会福祉法人埼玉県社会福祉事業団」の審査を行ったところであります。
審査に当たりましては、執行部及び各公社から詳細な説明を受け、その後、質疑を行いました。
以下、主な論議について申し上げます。
まず、公益財団法人いきいき埼玉について、「同じ業者が何年も続けて業務を受注している傾向が見られるが、新規事業者が参入できるよう検討しているのか」との質問に対し、「同じ業務であっても、ある程度の期間で仕様を変更したり、指名競争入札になっていた業務を一般競争入札に切り替えたりすることで、新規事業者に門戸を開いていくようにしていく」との答弁がありました。
また、「彩の国いきがい大学の卒業生に、地域活動に参加してもらうために情報を発信する取組は行っているか」との質問に対し、「卒業生が校友会を作っており、イベントの開催などを行っている。また、いきいき埼玉の事務局からも校友会に情報の提供を行っている」との答弁がありました。
次に、公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団について、「舞台芸術作品の提供等に関する事業における収支比率の実績が目標値を大きく上回っている理由は何か」との質問に対し、「採算性と芸術性を両立させるために、蜷川幸雄氏を芸術監督として迎え、シェイクスピアシリーズなど人気がある公演ができていることが成果につながっている」との答弁がありました。
次に、本委員会の付託案件について、1年間の審査を踏まえて決定した本委員会としての意見・提言の主なものについて申し上げます。
まず、公社指導関連として「公社の経営が悪化した場合には県の財政に深刻な影響を与える可能性があるため、経営状況や資産・債務の状況を適切に把握し、財政的リスクがある場合には迅速に指導を行うこと」。
次に、公益財団法人埼玉県公園緑地協会及び埼玉県住宅供給公社関連として、「施設・設備の維持管理業務の発注に当たっては、地元事業者の受注機会の拡大と競争性の確保に努めること」。
次に、株式会社さいたまリバーフロンティア関連として、「赤字のゴルフ場については、グラウンド・ゴルフ場への転換も含めて在り方を検討すること」などであります。
以上、審査経過の概要について申し上げましたが、本委員会の付託案件につきましては、なお、調査検討すべき課題も残されておりますが、一応、今回をもって審査を打ち切ることに決した次第であります。
以上で、本委員会の報告を終わります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?