Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年9月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 10月2日(木曜日) > 木下高志(自) > 平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (木下高志議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (木下高志議員)

女性が輝く社会の構築に向けて

Q 木下高志議員(自民

次に、六、女性が輝く社会の構築に向けて。
先日、坂戸市にある城西大学で「『女性の力で地域が輝く』埼玉県から発信」という講演会が開催されました。これは、政府が主催した「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」の関連事業として、県と城西大学の共催で実施されたものであります。
当日は、政府主催のシンポジウムの参加者でもあるアメリカ、ブルッキングス研究所シニア・フェローのミレア・ソリス氏並びにポルトガル、シャンパリモー財団理事長のレオノール・ベレーザ氏を講師にお迎えし、実に示唆に富む話を伺うことができました。特に印象に残っているのは、ミレア・ソリス氏の「女性は自分を擁護せず、自分は何をしなければならないかを考え、責任をとることを恐れないこと。そして、夢を追いかけようとする姿こそ必要」という言葉でありました。私は、この言葉こそ、女性が輝く社会の実現に向けた根源であると感じました。
21世紀、日本が目指すべき男女共同参画社会とは、正に男女が社会の対等な構成員として社会に参画する機会が確保され、様々な利益を共に享受し、共に責任を担う社会であり、ソリス氏の言葉に込められたものであります。講演は同時通訳で行われ、シンポジウムの参加者は地域の人たちや学生でしたが、積極的にメモとりをするなど、常に熱気を感じるものでありました。私は、一人でも多くの方にこのようなシンポジウムに参加していただくことが意識改革につながると思っております。
また、男女共同参画社会基本法によれば、男女共同参画社会を実現するための五本の柱の中に国際的協調があり、男女共同参画社会づくりのために国際社会とともに歩むことや、他の国々や国際機関と相互に協力して取り組むことと定められておりますが、男女共同参画社会の実現度とすれば、先進国と比べて日本は大変遅れていると言われております。そのため、今回のように外国人視点を組み入れての講演会は非常に有効であると実感いたしました。
そこで、県は、今回実施した「女性の力で地域が輝く」をテーマとした講演会の成果をどのように考えているのか、今後、成果をどのように生かしていくのか、県民生活部長にお伺いをいたします。 

A 福島 勤 県民生活部長

議員お話のように、去る9月16日に県と城西大学との共催で、世界的な女性リーダー、お二人をお招きし「女性の力で地域が輝く」をテーマにした講演会を開催いたしました。
一人はメキシコ出身で、アメリカのシンクタンク、ブルッキングス研究所シニア・フェローのミレア・ソリスさん、もう一人は世界中から人材を集め最先端医療の研究を進めているポルトガルのシャンパリモー財団の理事長で元保健大臣のレオノール・べレーザさんです。
この講演会は、政府主催の「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」の地方展開の一環として、地域連携事業に積極的な城西大学に会場の提供など全面的な御協力をいただいて実施したものでございます。
当日は、木下議員をはじめ議員や町長、女性団体の方々、大学生、外国人留学生など約500人が参加し、国際色豊かな講演会となりました。
講演者のお二人からは、「地元の女性リーダーを発掘し、活躍する女性のモデルを作ることが大切」「女性自身の心の中にある壁を乗り越え、まず一歩踏み出すことが重要」など自らの経験を元にした具体的で示唆に富んだスピーチをしていただきました。
また、スロバキアの女子留学生から、「私は小さな国の出身ですが、世界で活躍するのには不利ではないでしょうか。」と質問されると、べレーザさんは「小さい国でも気にしないこと。自分の夢をあきらめないで」と勇気づけ、会場からは大きな拍手が湧き起こりました。
世界で活躍する女性リーダーたちが直接語りかけた一つ一つの言葉は、国や世代を超えて女性たちへの力強いエールとなりました。
特に、これから社会で羽ばたこうとする女子学生にとっては、かけがえのない経験になったものと思います。
この講演会の成果につきましては、ホームページや情報誌に掲載し、当日、参加できなかった多くの女性たちにも御紹介してまいります。
また、こうした世界的女性リーダーの講演会は、男女共同参画についての理解と関心を深める上で極めて有意義であると考えております。
今後とも、国や在日大使館、県内大学、女性団体などと連携をしながら、国際的な視点による取組を積極的に実施するよう努めてまいります。 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?