Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (岡地優議員)

休日における普通運転免許の学科試験の実施について

Q 岡地 優議員(自民

次に、休日における普通運転免許の学科試験の実施についてお伺いいたします。
最近は、土日や休日に窓口業務を実施している自治体が少なくありません。各自治体が住民サービスを向上させ、多様化する行政ニーズへの対応をすることは、今日の労働環境を考えれば、むしろ当然のことなのかもしれません。
こうした中、運転免許証の更新の手続につきましては、日曜日に鴻巣の運転免許センターにおいて申請できるようになっており、平日では手続ができない多くの方々に利用されていると伺っております。しかしながら、新たに運転免許を取得するための学科試験については平日のみの実施であり、土日、休日には行われておりません。本県における新規の運転免許取得者数は、年間約67,000人と言われております。比較的時間に余裕のある学生などが大半を占めるものと思いますが、平日では仕事を休むことができない社会人の方々も決して少なくないのではないでしょうか。
こうした要望に応えるため、神奈川県では平成18年より初めて受験する方限定で、日曜日に普通免許の学科試験を実施しており、多くの方がこれを利用し、運転免許を取得されております。あらゆる方々に対し、運転免許を取得しやすい環境を整備することは、住民の利便性の向上という面からも非常に重要であると考えます。
そこで、本県においても休日に普通免許の学科試験を実施すべきと考えますが、警察本部長の御所見をお伺いいたします。

A 杵淵智行 警察本部長

本県では、運転免許センターにおける日曜日の免許更新手続きを昭和62年から実施しており、平成25年中の運転免許センターでの取扱いは、平日の約2倍乃至3倍にあたる1日平均約2,600人の方が手続きに訪れております。
このため、本来の試験受付エリアを更新申請者の待機場所として、また、学科試験の教室も更新の講習室として全面的に使用しているところでございます。
更に、日曜日の免許更新業務は、平日の2倍にあたる約40人で対応しておりますが、これは本来学科試験担当の職員等をシフトしての対応でありまして、これに加えて、学科試験実施のための職員をさらに確保することは困難でございます。
また、土曜日、祝日は国の免許システムが稼働しておらず、全ての免許手続きは実施しておりません。
以上の理由によりまして、休日の学科試験を実施することは、将来の検討課題としたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?