Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (岡地優議員)

適切な教育環境の実現について

Q 岡地 優議員(自民

次に、適切な教育環境の実現についてお伺いいたします。
学校は本来、児童生徒の学びの場であり、集団生活を通じて社会性を身に付ける場所でもあります。教員と児童生徒が互いに関わりを持つ中で、協調して生きる力を身に付けていくという大きな役割が学校にはあります。
一方で、いじめや不登校など、生徒指導上の課題への対応や特別な支援を必要とする児童生徒への対応、更には理不尽な要求をする保護者への対応などの問題も看過できない状況です。
現在、学校ではこうした問題への対応に多くの時間が割かれてしまい、授業の準備をしたり子供と接したりする時間を十分に持てないという、何とも本末転倒な状態に陥ってしまっています。個々の具体的な問題への対応や教員の服務監督は、学校の設置者である市町村の責任において行うのは当然でありますが、今日の教育現場の現状を鑑みますと、県が積極的に市町村を支援していくことも、また必要であると考えます。
そこで、教員が児童生徒の指導に専念できる教育環境の実現のため、県はどのような支援を行っているのか、教育長にお伺いいたします。

A 関根郁夫 教育長

学校では、児童生徒に、「生きる力」を身に付けさせるとともに、様々な課題の解決を図るため、教員が使命感を持って指導に当たっております。
しかしながら、議員御指摘の通り、学校では、いじめや不登校、特別な支援を必要とする児童生徒の増加など、困難な状況も生じております。
そこで、県は、市町村教育委員会からの要請に基づいて、特に生徒指導に課題がある学校などには、教員を増員しております。
また、保護者への対応に関しましては、教育局内に学校相談担当を置いて対応に努め、平成25年度は、379件の対応をいたしました。
さらに、市町村教育委員会の努力だけでは解決が困難な事例につきましては、各教育事務所に「学校問題解決支援チーム」の体制を整え、対応してまいりました。
平成22年度から昨年度までに、35件の相談を受け、そのすべてが解決に至っております。
県では、今後とも市町村教育委員会をしっかりと支援し、教員が児童生徒一人一人と向き合い、一人一人のよさを生かす指導が充実するよう、努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?