Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年9月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 10月1日(水曜日) > 江野幸一(刷) > 平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (江野幸一議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (江野幸一議員)

県道東松山越生線の東上本線第250号踏切の拡幅について

Q 江野幸一議員(刷新の会

最後に、地元問題についてお伺いいたします。
県道東松山越生線の東上本線第250号踏切の拡幅についてお伺いいたします。
平成24年12月定例会におきまして一般質問させていただきましたが、この踏切は東松山駅北側に隣接し、市内中心部の東西をつなぎ、朝夕通して多くの通勤・通学の人たちや車両で混雑する踏切で、昼間はお年寄りを中心とする買い物客の通路となっております。現在は、踏切内通路部分を除く県道部分には歩道や幅広い路肩ができておりますが、第250号踏切内だけは歩行者と車を分離することができる構造となっておらず、多くの利用者からその危険性を指摘され、東松山市としても喫緊の課題となっております。
前回の答弁では、踏切の拡幅整備について東武鉄道と協議を進めているとのことでしたが、その後の進捗と整備時期について県土整備部長にお伺いいたします。 

A 柳沢一正 県土整備部長

東武鉄道との協議の進捗状況でございますが、この道路は踏切内で大きくカーブしており、見通しを良くするため踏切を含めた前後の道路をできるだけ長く直線にするよう東武鉄道から求められております。
道路を長い直線にした場合、新たな用地買収が伴うほか、鉄道の架線を支える柱や信号設備などの大規模な移設が必要となります。
このため、用地買収や鉄道施設の移設をできるだけ少なくした道路計画を東武鉄道に提示いたしましたが、協議が整いませんでした。
したがいまして、現時点では整備時期を申し上げられる状況ではございませんが、引き続き、東武鉄道と粘り強く協議を進め、できるだけ早く踏切の拡幅整備に着手できるよう努めてまいります。 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?