Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年9月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 10月1日(水曜日) > 新井一徳(自) > 平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (新井一徳議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (新井一徳議員)

有権者が投票しやすい環境づくりを

Q 新井一徳議員(自民

8つ目、有権者が投票しやすい環境づくりをであります。
来年4月には、統一地方選挙として県議会議員一般選挙などの各種選挙が行われる予定です。前回の県議選では、投票率が39.54パーセントで過去最低となるなど、本県の選挙における低投票率は非常に憂慮すべきものと考えています。投票率の向上のためには、有権者に選挙について関心を持ってもらうことは当然必要なことですが、併せて有権者が投票しやすい環境づくりも大切な要素の一つなのではないでしょうか。というのも、投票日に選挙に行けない有権者のために期日前投票制度が存在しますが、期日前投票所は市役所や町村役場に限られる場合が多く、有権者にとっては必ずしも利用しやすい状況にはないという意見も耳にするためです。
実は、私の地元北本市では、昨年の参議院選挙における全投票者数の約3割が期日前投票によるもので、県平均の21.6パーセントを大きく上回る高い数値を示しました。これは、北本駅西口ビルという利用しやすい場所に期日前投票所が設けられていることが要因の一つであるとも考えられています。
そこで提案です。このように、期日前投票所を駅構内やその周辺に設置する取組を県内全域で進めてみてはいかがでしょうか。これまで、投票日当日に仕事や用事で投票所に足を運びにくかった人にとっても、通勤帰りなどに気軽に投票できるようになるため、投票率の向上が見込めるはずです。選挙管理委員会委員長の御見解をお伺いします。 

A 滝瀬副次 選挙管理委員会委員長

県選挙管理委員会では、平成25年7月の参議院議員選挙後に20歳以上の県民の方2,000人を対象として、投票行動等に関する意識調査を実施いたしました。
投票率の向上を図るためにはどうすればよいか複数回答で聞いたところ、「期日前投票の場所をもっと増やし、時間も延長する」が18.5%でした。
また、「投票所を駅やコンビニなどもっと行きやすい場所に設置する」が36.4%という結果でありました。
意識調査の結果から、投票所の設置場所を工夫することにより、投票率の向上に結びつく可能性がうかがえます。
また、平成22年国勢調査によりますと、本県から都内などの県外への通勤通学者は約106万人であり、多くの県民が日常的に駅などを利用しております。
こうしたことから、県選管としては、駅構内やその周辺に期日前投票所を設置することは、有権者が投票しやすい環境をつくり、投票率向上につながるものと考えております。
このため、平成25年の参議院議員選挙に先立ち、市町村選管委員長会議において、積極的な取組を求めるなど働きかけを行ってまいりました。
参議院議員選挙では、15市が期日前投票所を駅構内及びその周辺施設に設けました。
一方、期日前投票所を増設する場合、立会人を始めとした人員の確保が困難であるとの問題もあります。
また、駅構内などに増設する場合には、スペース確保に鉄道会社などの協力も必要であります。
特に衆議院解散による選挙などでは、期間が短く急な対応が必要なため、場所の確保が困難となることが想定をされます。
このような問題はあるものの、投票率向上につながるものとして、市町村選管に積極的に取り組んでもらえるよう、引き続き働きかけてまいります。 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?