Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年9月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 9月26日(金曜日) > 塩野正行(公) > 平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (塩野正行議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (塩野正行議員)

(仮称)赤山歴史自然公園整備事業への支援について

Q 塩野正行議員(公明

最後に、地元問題として、(仮称)赤山歴史自然公園整備事業への支援について伺います。
総面積9ヘクタールとなる(仮称)赤山歴史自然公園は、広域的な集客性に配慮した水と緑のオアシス空間の創出を目指し、総事業費約120億円をかけ、川口市が赤山地区に整備するものであります。赤山地区には、関東郡代として徳川幕府を支えた伊奈氏の居城だった赤山陣屋跡があり、また、江戸時代から続く植木のまち安行に隣接する緑豊かな地域でもあります。そこに歴史自然資料館や地域物産館をはじめ、高速道路を下りずに公園や地域を散策できる首都高初のハイウェイオアシスを計画しており、年間350万人の来訪を見込んでおります。また、公園に隣接し、周辺環境と調和した火葬施設なども整備をいたします。
一方、災害時においては周辺住民の避難場所になるだけではなく、広域的な防災拠点としての機能も備えており、様々な支援の調整場所として活用可能であります。例えば、第1次緊急輸送道路である首都高に直結していることや、東京都に隣接していることから、緊急消防援助隊の拠点となるなどの機能が期待されております。
川口市は現在、平成29年4月の一部開園を予定し、整備事業を進めています。防災拠点として高度な機能が見込まれる同公園の整備に当たり、川口市は災害に備えた安心・安全なまちづくりを推進する整備事業として県の財政支援を要望しております。今後の支援について、都市整備部長のお考えを伺います。 

A 秋山幸男 都市整備部長

(仮称)赤山歴史自然公園は、川口市が水と緑のオアシス空間の創出をテーマとし、自然環境や歴史的文化遺産を活用して、地域の振興や都市農業の活性化につなげる公園として整備を行っております。
また、公園に囲まれるように火葬場の整備も進められております。
この公園につきましては、現在川口市が国の社会資本整備総合交付金を用いて整備を進めているところでございます。
議員お話のように、この整備には約120億円が見込まれ、このうち、平成27年度までの主要な事業費約51億円については、国から約20億円の交付金が支出される予定です。
また、平成28年度以降に行なわれる残事業についても同様な交付金が見込まれております。
さらに、火葬場については公園とは別に、国から約5億7千万円が既に交付されております。
お尋ねの公園整備に対する県の財政支援でございますが、この公園については先ほどお答えしましたような国の交付金が活用されておりますので、さらに県として財政支援することは難しいと考えております。
御理解を賜りたいと存じます。
県といたしましては、今後とも、国からの交付金の活用が図られるよう国との調整を行い、市の公園整備を支援してまいります。 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?