Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年9月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 9月26日(金曜日) > 山本正乃(民) > 平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (山本正乃議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月21日

平成26年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (山本正乃議員)

大相模地区の浸水対策について

Q 山本正乃議員(民主・無所属

最後に、大相模地区の浸水対策についてお伺いいたします。
先ほど申し上げましたように、越谷市は市街化が進み、水はけが悪くなり、これまでに台風や大雨のたびに浸水被害に見舞われてきました。越谷市内の浸水対策については、県が救急内水対策事業を取り入れて大成川、平新川、七左エ門の準用河川3か所に可搬式の排水ポンプを設置し、各流域での浸水被害の軽減に多大な成果を上げてきた経緯があります。
しかしながら、大相模地区の大成川に設置されているポンプは稼働頻度が多い上に、直径500ミリのホースを設置しなくては稼働できないため、市では急な雨の対応に苦慮していると伺っております。また、地域住民からも迅速なポンプ稼働のために、排水管の常設化が必要不可欠であるとの多くの声が上がっています。
近年多発しているゲリラ豪雨対策のためにも、常設の排水管の設置が必要と考えます。この点について県土整備部長にお伺いをいたします。

A 柳沢一正 県土整備部長

県では、救急内水対策事業として平成4年度から6年度にかけて越谷市が管理する3つの準用河川に可搬式ポンプを合わせて5台設置いたしました。
当初は、洪水の状況に応じて排水能力を増強する必要がある箇所にポンプを運搬し、その都度ホースをつないで運用する計画でございました。
しかし、これらの可搬式ポンプは運転時期が重なることが多いなど、当初の計画どおりに運用することが難しい状況でございました。
このため、それぞれの準用河川において必要な排水能力が確保できるよう、越谷市がポンプを新たに設置したところでございます。
こうした整備状況や近年、集中豪雨が多発している状況を踏まえ、大成川(たいせいがわ)の迅速なポンプの稼働が図られるよう、今後、地元越谷市と協議しながら常設の排水管の設置に向けて検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?