埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:32993

掲載日:2019年5月29日

平成26年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (小島信昭議員)

彩のかがやきについて

Q 小島信昭議員(自民)

今から4年前の平成22年夏、猛烈な暑さが日本列島を襲いました。熊谷気象台の記録では、8月の最高気温30度以上の真夏日は30日、うち35度以上の猛暑日は20日、特に8月下旬から9月上旬にかけては連続して17日も猛暑日が続いています。この高温の影響は稲にも及び、専門用語でいう白未熟粒、粒が白くなり、彩のかがやきでは約8割が規格外となりました。農家の販売収入も大幅に下がり、農家の経営が危機にさらされました。

そこで、白未熟粒は、見かけは白いけれども味は変わらないということから、県と農業団体が一丸となって販売キャンペーンを展開し、県会議員もこぞって協力をさせていただきました。これほど大きなダメージを受けたにもかかわらず、翌年の彩のかがやきの作付面積はほぼ減っておりません。これは、彩のかがやきを本県のブランド米に育てるため、自分たちが作り続けていくという多くの農家の皆様の心意気の表れであると感じております。

しかし、暑い夏が来ると、今年の米はどうだろうか、白くなりはしないだろうか、農家は不安に駆られています。想定外の高温障害から既に4年たちますが、本県における彩のかがやきの高温対策の状況についてお伺いいたします。

また、埼玉県が育成した県オリジナルの品種、彩のかがやきは味が良く、倒れにくく、収穫量も期待できることから、農家にとっては作りやすく、とても良い品種であります。米農家としては、作りやすい特徴を持つ彩のかがやきをどんどん作りたいと思っておりますが、農家が主に出荷するJAでは、買取価格が一番高いのはコシヒカリ、二番にはキヌヒカリ、三番目が彩のかがやきとなっております。埼玉県の推奨米の価格が三番目では、作る気がうせてしまうという声も聞こえてきます。JAにおける彩のかがやきの販売促進を通して、埼玉県推奨米としてふさわしい価格での買取りにつながるよう、埼玉県ブランド米の価値を高めるようJAに働き掛けが必要ではないかと考えますが、併せて御所見をお伺いいたします。

A 高山次郎 農林部長

まず、本県における彩のかがやきの高温対策の状況についてでございます。

県では平成22年以来、彩のかがやきの高温障害を軽減・回避する調査や研究を積み重ねてまいりました。

平成25年度には、有効な対策として3つ示したところでございます。

具体的には、田植え時期をできれば6月以降に遅らせること、穂が出る前に葉の色を診断し適切な追肥を行うこと、根の活力を維持するため、穂が出た後にも断続的に水を入れること、これらを技術講習会などで伝えてまいりました。

平成24年、25年と暑い夏が続きましたが、規格外米の発生率は24年度が14%、25年度は0.2%に抑えることができました。

本年度は新たに、田植え1か月後の時点でも葉の色を診断した上で必要な追肥をすることが有効であることが確認されましたので、これを反映した栽培暦(さいばいごよみ)を作成し、配布しております。

今後とも、高温対策技術の普及・定着に努めてまいります。

また、県農林総合研究センターでは、彩のかがやきの特長をそのままに暑さに負けない強い遺伝子を持つ品種の育成を急いでおります。

今回の研究では、特定の遺伝子配列を目印にして苗の段階で高温に強い遺伝子を持つイネだけを高い精度で絞り込むという、新しい手法を使って選抜をしております。

冬でも夏の気候を再現できる人工気象室を利用して年に2.5回栽培し、通常12年かかる品種登録出願までの期間を7年に短縮する計画であります。

平成27年には、場内での試験栽培を開始し、農家での現地栽培を経て29年の品種登録出願を目指しております。

次に、県産ブランド米の価値を高めるようJAに働きかけが必要ではないかについてでございます。

買取価格はそれぞれのJAで異なっておりまして、中には独自の取組を行うことで彩のかがやきをキヌヒカリよりも高い価格で買い取っているところもあるようでございます。

県としては、味の良い米の生産に向けた栽培技術の定着とさらなる認知度の向上に取り組むことで消費拡大を進め、価格面でも評価されるよう、しっかり支援してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?