埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:33180

掲載日:2019年5月29日

平成26年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (白土幸仁議員)

県民の通勤、通学時間の短縮について

Q 白土幸仁議員(自民)

総務省が5年ごとに実施している社会生活基本調査によりますと、埼玉県民の通勤、通学時間は平成8年の調査では平均46分で、神奈川と並んで全国一位の長さでございました。次の平成13年の調査では42分、神奈川が43分でございましたので、辛うじて全国2位。そして、現在のところ最新の平成23年の調査によりますと41分となりまして、神奈川県の43分に次ぐ、またしても全国2位の長さとなっております。
徐々にではありますが、関係する諸団体の皆様の御努力によりまして通勤、通学時間の時短が図られてまいりましたが、全国の平均は31分であり、これと比較するとやはり長く、県民の生活にとって大きな負担であることは間違いない状況でございます。
そもそも埼玉県は東京のベッドタウンであるため、長時間通勤、通学を改善することは並大抵の努力では難しいと言わざるを得ません。他方この数年、県の企業誘致の成果には目覚ましいものがあることから、これにより住食近接が一定程度達成できれば、更に時短が進むものと考えます。
しかしながら、特に働く男性に絞って平成23年の同調査の詳細を見てみますと通勤時間が69分と、一時間を超えております。有業者の男性の負担が著しい状況でございます。やはり通勤、通学の約4割を担っているのは公共交通機関であることから、通勤、通学時間の時短を図る解決策は、公共交通機関の輸送力の増強と高速化が何よりも重要でございます。地下鉄7号線、また、地下鉄8号線の延伸といった公共交通機関の改善が有効だと考えます。
県民にとって大きな負担となっている長い通勤、通学時間について、今後主にどのような対策を考えているのでしょうか。また、鉄道の延伸はもちろんですが、東京への高速路線バス路線の開設については、短期間での実現も可能かと考えます。路線バスによる通勤、通学時間の短縮については、本県ではどのような取組をしているのか、企画財政部長にお伺いいたします。
そして、これは要望でございますが、通勤、通学の時間の短縮でございますので、何分間短縮できるかという正に具体的な数字となりますので、目標が設定できるのではないかと考えます。常日頃、知事も施策を実施する際には具体的な数値目標を定め、結果を出すことが必要とおっしゃっております。本件につきましても、全国平均31分にできる限り近づける努力をお願いしたいと思います。

A 中野 晃 企画財政部長

通勤・通学時間の短縮を図ることは、県民生活のゆとりや、心身の健康にも関わる重要な課題と考えております。
まず、鉄道の通勤・通学時間の短縮について、でございます。
鉄道の所要時間の短縮には、路線の新設や延伸、路線の相互乗り入れの促進、快速列車の導入や増発など様々な方法がございます。
路線の新設や延伸については、県としてはこれまで、沿線市町村とともに、実現に向けて支援してまいりました。
この結果、埼玉高速鉄道やつくばエクスプレスが開業に至りました。
現在、地下鉄7号線や8号線、12号線の延伸については、国が交通政策審議会において検討を始めている状況も踏まえ、県としても実現に向けて、採算性などの調査検討に取り組んでおります。
また、相互乗り入れや、快速列車の導入などについては、県としては、利便性向上のため、鉄道事業者に対して、毎年度早期実現を要望してまいりました。
その結果、相互乗り入れでは、東武東上線・西武池袋線と東京メトロ副都心線の乗り入れなどが、また、快速列車については、東武東上線のTJライナーの導入・増発などが実現いたしました。
今後も、平成27年春の宇都宮線・高崎線の東京駅乗り入れや、平成28年春の東武野田線への急行運転の導入などが予定されております。
次に、路線バスによる通勤・通学時間の短縮についてでございます。
これまでバス事業者などの努力により、県内バス路線への公共車両優先システムや、都内からの深夜急行バスの導入が進められてきました。
バス事業者からは、道路の拡幅や、交差点の右折帯の設置、信号機の改良などの要望が出されており、これらの実現は、路線バスの走行時間の短縮にも資するものでございます。
このため、県では、道路管理者、県警察、バス事業者などが参加する、バス走行環境改善会議を毎年度開催し、関係者間の調整を図り、要望の実現に努めているところでございます。
県としては、関係市町村や事業者と連携して、効果的な通勤・通学時間の短縮が、一層進められるよう取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?